デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

天職

慎吾ちゃん  と言えば誰だとおもいますか?

かなりの人が 「 香取慎吾 」 と答えるのでないかなと思いますが。

 「 柳沢慎吾 」と答える人はすくないかもしれません。

がその柳沢慎吾、慎吾ちゃんはすごい!と思ってしまった。

最近ネタのDVDを出したようで、
友人がそれを買い、僕に貸してくれた。
聞くところによると、
発売記念イベントに参加して本人に会って
サインをもらって購入したということで
かなりマニアックで、笑ってしまったが。
「なんで誘ってくれなかったー!」と思わず言いました。
ちょっと行ってみたい気がします。

そんなDVDですが、よく撮影の裏側とかNG集みたいなものが
納められたものがありますが、

その撮影の裏側を見て、驚いたのですが
柳沢慎吾は24時間柳沢慎吾だということがわかりました。

楽屋でも休憩時間でもずーーーっとしゃべりまくりであったり
ネタを作ってたり、ずっと動き続けてテンションは下がらずです。

「はい、カット!」の声がかかったあとも
ずっと役になりきって、
「ウーーウーーウーー、ウーーーーウーー!」と言い続けていました。

声だけの録音のところでも、小道具だして、
全身で動きながらステージのようです。
横からスタッフの声で「声だけですよ、」と言うのが聞き取れて
おもしろいです。


そして、何よりとても楽しそうで、
ニコニコしていて、この人はとても楽しんで仕事をやっている
というのが伝わってきます。

こっちまで楽しくなってきます。
まさに天職です。

はじめて慎吾ちゃんを意識したのは
子供の頃に見た「翔んだカップル」というドラマでしたが(古!)
もちろん脇役でしたが何か独特の感じの人がいるなあと
見ていたのが記憶に残っていました。

そして今でもいろいろ活躍していますね。
息が長いですね。

僕も幸いにもインテリア、家具という仕事がとても好きです。
新しいデザインを考えているときはとても楽しく、
そしてそれが形になっていくとわくわくし、お客さんが喜んでくれると
うれしいものです。壁もいろいろありますが
ラッキーな話です。

こんど、パワーをもらいに慎吾ちゃんのイベントに
参加してみたいとまじめに思いました。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-05 08:28 | その他

新しい 接着剤

バターケース

特に大きく宣伝している訳でもなく、ショップですこしづつ販売しているアイテムです。
しかしながら、雑誌などでとりあげられたりすることもあり、

お問い合わせやご注文をいただきます。

食べ物を扱うケースなので、
現在は接着剤などをつかわず木組みのみの加工方法で
製作しています。

食べ物関係のものにはいろいろと気を使うことがあります。

そんな中、最近新しい接着剤を実験的に使い始めた

そのいいところですが

1、接着の時間が短い

2、とても強度がある

3、厳しい基準をクリアしていて、
     お皿など食べ物を扱うものなどに使用しても問題ない

4、水にも強い


ということで、特に安全で丈夫ということで、使用をはじめましたが
今のところ、すこぶるいいです!
これで、カトラリー関係などで新しいデザインや今まで断念していた
アイデアが実現しそうな気がしています。

アナログなモノですが技術の進歩はデザインの進歩に繋がります。
いいもの見つけました!
[PR]
by yamadesign | 2010-06-04 08:00 | モノ作り・デザイン

お誘い

嬉しい話ですが
様々なところから商品のお問い合わせをいただきます。

おきゃくさんはもちろんですが、
それ以外にネットショップさんや実際のインテリアショップさん
はたまた期間限定のイベントショップなど、

で、大量生産してる商材であれば
全てにお答えするのですが、

そうではなくて、少量生産であるし
はたまたデザイン、イメージも大切にしている。

ですので、お出しできるのには限りある。
となるとどこへ出すのか、どこを辞めておくかは悩みどころです。

あと何より永く続けたいということも大切にしているので
期間限定のイベントならそこから繋がりができるのかどうか、
次回も続けてだしてみたいかどうかなどを考えてみます。

ほんとにいいところに出会えれば、無理してでも出したりもします。
幸いにも今のところいいイベントやお店との出会いで
ここまでやらせてもらっています。

しかし時には人生には失敗もあります!!!(嫌ですが、)
昨年、出展したイベントで後悔したのがひとつありました、
プロデュースしている人は決して悪い人ではなかったですが
こんな感じでイベントを行いますといいながら、言ったうちの半分くらいのことしか
してくれず、話がちがう!と思いながらも期間は過ぎ。
当然ながら、イベントの成果なし。

これも人を見る目が甘かったかあと、
ほんとに、いい勉強をしました。

こうやってステップアップしていくのでしょう。
デザインや製作以外の事も進化していなきゃ、と思うこのごろです。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-03 12:12

モノからコトへ 

モノからコトへ
よく見かけるチャッチコピーです。そういわれて久しい。

モノだけ作っていてもどうにもならない時代(一般的に)で、
何か別の仕組みであったり
ライフスタイルであったりも考えていかないといけない時代です。
そんななか、昨日もお昼を近くの定食屋さんで食べていて
ふと思ったのですが、最近は店に入ると

「おタバコお吸いになられますか?」

と聞かれる。
僕は吸わないので、禁煙席に案内されます。
でも小さなお店では、はっきりいって特に壁があるわけでもなく、
ただちょっと場所が違うだけで、禁煙席でも充分に煙が蔓延したりします。

いろんな場所で禁煙の文字が見られ、禁煙の飛行機!
禁煙の居酒屋まで出るのかとニュースで見かけたり
タバコを吸う人にとっては、かなり肩身の狭い思いであろう。

そんな分煙というコトに絞ったデザインコンペもひらかれていたりします。
かと思えば、ミストの煙まで出るリアルなタバコ風プロダクトが発売されたりもしています。

うちの父親はヘビースモーカーでした。
いまだ吸っていますが昔より量は減った。
弟も結構吸います。
僕だけ吸いませんでした、
なぜかというと中学の時のM先生が

「たばこを吸うと慎重もピタリと止まり、健康に悪いぞ!
チビでよかったらたばこ吸え!」

今なら、問題発言ですが。。
でもその時の身長が止まるというのが僕にはとても響きました、
(当時結構小さかったので。)

ですが、結果としてタバコを吸う弟のほうが
僕より大きくなってしまいました。

なぜだろう。

でもタバコの分煙などは飲食店にとっては結構な課題であろうと思います。
形だけの禁煙席のときに結構吸わないものにとっては
結構な苦痛であったりということもあるのだろうし、
吸う方も結構気を使って煙を気にしながら吸っていたりといった光景も
よく見ます。


モノとコトよく聞きますが
難しい関係です。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-03 11:51 | 日常
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧