デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:その他( 12 )

あけましておめでとうございます

様々なことが起こった昨年でしたが、
そんな中で家具というモノ作りを続けられたことは幸せなことでした。
おかげさまで新しい年も迎えることができました。

早いもので「うたたね」をはじめて随分になります。
本当にこれでもかという壁が多々あり、
また楽しい事、嬉しい事、感動する事も多々経験させていただきました。

悩みや問題は多々あり、それらは今後もなくなることはないのでしょうが
ひとつひとつクリアしながら前進していきたいと思います。

昨年も新作をいろいろ産み出しました。
平行して、オーダー品もたくさんさせていただくことができました。

オーダーをすることによって
新しいアイデアのヒントを実はたくさんいただいています。

オーダーからたくさんの暮らしを感じることができるので。。
引出しひとつにしても入れるものによってサイズが変わります。

どうして、こんな小さなサイズの椅子のオーダーをされるのかと
思うと、なるほどそういう使い方をされるのかという驚きがあったり、

最近ではペットを飼われるお宅も多く、
ソファなどにペットに最適な布地を選ばれたり、
またペットがモノを落としたりしないように家具にちょっとしたガードをつけたり、

そんなたくさんの暮らしに触れることができることは非常にアイデアの元になっています。

店舗や事務所の家具などの場合もまた違った使い方があったりと、、、

また今年もどのようなモノ作りができるか楽しみでもあります。

昨年末には柳宗理さんが亡くなられましたが、モノはこれからも残っていくでしょう。
私の恩師も亡くなられましたが、やはりモノはしっかり残っています。
すごいことです。

どんどんモノ作りのベースが海外へ移行し、
輸入品も安いだけでなく、品質もレベルアップしていく中で、

日本で、

それも手づくりで、

コツコツ考え、

じっくりデザインし、

しっかり作る。

その意味を考えながら進んでいきたいと思います。


それでは本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by yamadesign | 2012-01-04 23:59 | その他

会うこと

今はネット通販や様々なネット上のコミュニケーション
なども主流となりつつ、
会ったことのない人とも
知り合いであったりということも特に不思議ではないですが、

やはり仕事では顔をみたいというのがあります。

とある仕事で、商品の提案をしていたのですが
メールなどでのやりとりで進めており
遠方の方ということもあったので
先方さんにいままでお会いしたことがなかったのですが
わざわざこちらまで出向いて下さった。
本当はこちらからも出向いて伺うなどもしないといけないくらいですが、、、、。

そしてテーブルを囲んで
進めている商品デザインについて
お話をさせていただいた、やはり会って打ち合わせすると
表情や声のト−ンなどメールなどではわかりにくいニュアンスが
理解でき商品への熱意なども感じることができました、
年もほぼ近いということもわかり、他の話でも盛り上がり、
おそらく、こちらの意図もご理解くださったのではないだろうか、

ここから後半戦、実現していくのに難しいアイデアも出たのですが
おそらくスムーズに進んでいくかと思います。

当たり前のことですが会うって大切ですね。
[PR]
by yamadesign | 2010-11-27 08:53 | その他

参観日 に 思うこと

今日は参観日だったので、仕事前に小学校へ行ってみた。

いくつかの授業がおこなわれた、その中に図工があり
仕事柄、それが一番気になったので、楽しみにしていた。

担任の先生は、とてもてきぱきしており、
普段からビシビシいく厳しい先生で、
僕らのような金八世代にはそれくらいのほうが
頼もしいなと思ったりもます。

ですが、
図工の授業をみてちょっと・・・・・・気になったのですが。

ちょうど汽車の切り絵をおこなっていたのですが、
先生が子供達の切り絵を見ながら

「◯○くん、それ煙突が長いよ!汽車の煙突はもっと短いでしょ。」

「××さん、窓の位置がおかしいよ!」

「窓は黄色ですよ!」

「列車の車両がずれてるので、それでは線路にのらないよ!」

といろいろ、注意をしながら授業の最後にはみんな切り絵が完成した。
作品はみんな違いの無い同じものができました。

うーん!

デザイン、もの作りに携わっているものからすれば
この授業はちょっと。

まだ小学生の低学年です、

型にはめる必要はないですよね。
自由な発想でいかないと。。。
煙突のすごく長い汽車があってもいいし、
窓がピンクでもいいだろうし、
いろんな形の汽車があっていいはずで、

参観日ということで、皆を同じように完成させる為に
そのように進められたというようなこともあったりするのかもしれませんが、、、。
先生のお考えのもとではあるのだと思いますが。

やはり、小学校の先生は全ての教科を担当しなければいけないので
非常に大変だと思う。
しかしその反面、芸術的な部分ではプロフェッショナルではないので
仕方ないのか?!

ただこの授業では、多くの才能の芽が出にくいかもしれません。
もちろん、学校以外で学ぶことも多いと思いますが、
やはり子供にとっては先生の言葉は大きいとおもいますので。

図工は僕が教えてあげたい気持ちになりました。

しかし、それ以外の授業ではみんな
いきいきしており、体育の授業などは笑顔が絶えず
子供らしく走り回っていました。。。

教育。難しい問題です。。。
[PR]
by yamadesign | 2010-11-15 09:04 | その他

台風!

台風の影響で今日は各地のイベントが中止となっています。

あまり被害などなければいいですが。。。


ですが、うたたねは普通に営業しています。。
まあ、やることがいろいろありますので作業しながらでオープンしております。

この天気のなか、どうぞお越し下さい!
とは言えませんが。

では本日もよろしくお願いします。
[PR]
by yamadesign | 2010-10-30 09:27 | その他

うれしい 知らせ

久しぶりに、教え子から電話があった。

「正式にスタッフになれました。。」とい連絡であった。

彼は、某デザイン事務所へのスタッフの正式なスタッフとして採用されることと
なったのである。

日本でも指折りのところで、世界的にも活躍するところである。
そんな日本を代表するデザイン事務所への採用が決まったということです。

採用にいたるまで、いくつかのステップがあり
テスト、試練を乗り切って
彼は合格した、

有名な事務所だけに、かなりの多くの応募がありまず書類選考から始まり
インターン期間を経て、さらにトライアル期間と何段階もの
数ヶ月に渡る試練を経て合格に至るようだが、
そこまで行くのはやはりほんの一握りである。

その間、訳もわからずだったと思う
休みもほぼないらしい、徹夜もざらで途中何度か連絡ももらったが

その際には、ちょっと疲れたり弱気になっていたような感じの時もあったりでしたが
よくがんばったと思いました。さらに、東京へ一人でその為に出ていっていたので
そんな不安もあったかとおもう、、

ずっと、気になっていたので「採用」という言葉を聞けてほんとうにうれしかった。
おもわず泣きそうになった。
その数ヶ月間でおそらくデザインレベルもあがったとおもう。

これからが本番です。
いやあ、人ごとながら祝杯です。
今日は梅酒がおいしいです。
[PR]
by yamadesign | 2010-09-20 08:52 | その他

本が出ました 〜手づくりする木のスツール〜

「手づくりする木のスツール」 という本が刊行されました。

多くのスツール、小椅子を載せた一冊で
イスについてや人物についてが解説されています。

僕の商品も5点ほど掲載されています。

それと、手づくりのコーナーがあり
実際に簡単に作れるスツールということで
作り方を指導させていただきました。

よろしければ本屋さんで手に取ってみて下さい。
「手づくりする木のスツール」
[PR]
by yamadesign | 2010-09-08 08:31 | その他

木工ガール !?

最近、森ガールに土俵ガール、山ガールと
いままであまり女の子に注目されていなかったものに
新たなファッション性などが加わって
女性にも人気となっているものがあります。

ニュースなどでも取り上げられていますが、
お盆の登山風景などには
とても素敵なファッションの女性が増えているとのことでした。

山ガールっていう言葉も最初は違和感があったものの
最近はそれほどおかしいとは思わなくなった。
まあ、最初はファッションからでも何かのきっかけとなれば
それでもいいかもしれません。

そんな中、今日
とある本を目にした。
本の題名に「木工ガール」とあった。

そう、家具などの入門書をわかりやすく女性向けにしたものだ
ただ内容からして、かなりカジュアルで
10代〜20代前半くらいの子を意識していそうな感じがしました。
ポップな感じのものが主流です。

最近は女性のモノ作りに携わる人が非常に増えたと思う。
しかし、長く続く人はやはり少ない。
(趣味で続ける人は多いですよ、ビジネスとして続ける人が少ないんです)

もちろん男性でも続けるのは難しいですが。

家具のレベルは抜きにしても
そういった感じで興味をもってもらうことは
悪くはないと思う。そこを入口として少しでも
モノ作りに興味をもつ人が増えるといいとおもいます。

日本はDIYの人工が非常に少ない、
その為にあまり機械などが進歩していません。
当然開発してもあまり売れないので仕方ありませんが、

未だに昭和40年代の機械が普通に売買されています。
自動車であれば昭和40年代の車なんて、プレミア車をのぞいては
鉄くず同然ですよね、
平成1年の車でもかなり安いはずです。

しかし、木工機械は40年代のものなんてそこそこの値段します!
平成の機械なんてかなり高いです。

DIYの人工が多いヨーロッパなどではその分、
一般の方でもちょっとした工具や機械をもっていて
かなりレベルの高い家具を作っていたりします。
その為、特に安全基準も高くて、
回転刃物なども肉に触れるとぴたっと止まって、
擦り傷程度で済むような機械も出ていたりします。

日本製も回転刃物で指が触れて、
そこまでばっちり止まる機械は聞いたことがありません。
木工関係者で指を無くしてらっしゃる職人さんを本当にたくさん見てきました。
木製のモノ作りに関わるということは、本当に危険なんですよ!
一応、日本の回転刃物などにも、安全カバーというものがあり、
メーカーは、それを付けてください。
とは言うのですが、
実際にはとても死角ができたり、細かい作業では使えなかったりと
問題点が様々です。

量産の機械はかなり進歩していますが。。。。

ひとつひとつ製作するという現場ではなかなか難しいことです。

もしかすると、木工ガールが日本を救うかも?
かなり低い確立ですが。。
小さなことからこつこつですか。。
[PR]
by yamadesign | 2010-08-18 21:44 | その他

お盆です

いよいよお盆です。
早いところは先週末からお休みみたいですね。

そんな中でうたたねもショップは今週お休みにさせていただきますが
作業は今日までしております。

今日は打ち合わせを兼ねてkukkiaさんのみなさんが来てくださいました。
進めているコラボレーションがうまくいくといいですが。  
いくはずです。kukkiaさんがすごいので。。

あらためて僕たちにオファーくださったことに感謝。。


さて、あすから夏期休業をいただきます。
いろいろとアイデアを収集しようとおもっています。
[PR]
by yamadesign | 2010-08-11 19:41 | その他

和歌山の桃

ショップにお客様がきてくださった。

もう顔なじみのお客様でおふたりできてくださったのですが

ひとつは、桃をもってきてくださった。。
さっそくいただきましたが。ごちそうさまでした。
冷やして甘かったです!

和歌山に行かれたとのことで、
あのうわさのネコ駅長さん「たま」のところにも行かれたようです。

それにしても、赤字で廃線になろうかというような
電車がこのネコちゃんによって
いまでは全国からそれを見にくる人でにぎわい
写真集は出るしDVDにもなるし映画にも出ているらしい。。
赤字の線がおそらく今では
何億円どころのさわぎではない利益をもたらしているのであろう。。

たまちゃんさまさまである。。

ネコのいる家具やさんもよく見かけるし
犬のいるところもよく見ますし、
最近うさぎを飼いましたととあるショップの方が言っておられた

今から飼うなら何だろうか。
やっぱり自分でおもしろいなあと思えるやつがいいのであろう。。

ということはやっぱり うなぎ かな。
[PR]
by yamadesign | 2010-08-06 22:04 | その他

デザインとプロデュース

元教え子が事務所に来てくれた、

いろんな学生などがちょこちょこ立ち寄ってくれる、
結構うれしかったりします。

昨日来たのは
専門学校の卒業生だが、
現在も就職活動中だということだ、
今はほんとに厳しい時代でいろいろ難しいとおもうが
多少のアドバイスをして伝えられることは伝えるようにしています。

デザインのことや技術的なことだけでなく
ビジネスのことについても少し話をするようにしています。

いいデザインができても
それをどうユーザーに伝えるのか、どう売るのか、
そこはインテリアデザイン系の学校ではなかなか教えていない。
そこで大きな壁にあたる、

その部分は僕も専門ではなく現在も試行錯誤しながらです。
ただ、早いうちから作品をどうユーザーの手元に届けるかということは
考えていたほうがいいということは確かだ。
仮にインハウスデザイナーになってユーザーと
接する機会がなかったとしても。そういう考えは
あったほうがいいと思っています。

少なからず、デザインしたものを
自分で売るということをしていますので、
生の意見は感じていますので、多少参考になると思います。

なんとかこの世の中、生き抜いてほしいものです。


それにしても、ケーキを焼いてきてくれました。
とてもおいしかったでう。ごちそうさま。。
(来たのは男性ですが。。)
[PR]
by yamadesign | 2010-07-21 08:47 | その他
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧