デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:日常( 11 )

衝撃的な 手品

僕は手品が好きだ。

やはりマジックはおもしろい、見ていて楽しいがやってもおもしろい。

特に手品をやっているというわけではないが、
子供のころから大好きだ。

手品グッズ売り場等で実演をやっているのを見つけると
ついつい立ち止まってみてしまいます。

そして、手品のタネが売っているのをたまに購入してしまいます。
買って中を明けると、なるほどこういうタネなのかあ、と
驚くこともあれば、以外と簡単なんだなあとおもうものもあります。

そんな中久しぶりに手品のタネを買いました。
いろいろ迷って、コインマジックを買いました。
カードの中をあっちこっちコインがテレポーテーションするというものです。

どんなタネなんだろうか?不思議だ。

わくわくしながら帰って
箱を開けてみると。。。。。。

「えーっ」

と思わず声が出た。

なんと、そこに書かれていた衝撃的事実は

〜タネはありません。
テレポーテーションは相手に見えないくらいの早さで
コインを動かしてください。というものであった。。〜

どういうこと?

「たくさん練習して皆に見せてくださいね」と書かれています。

た、タネがない!
Mr.マリックくらいの レベルの必要な手品です。

タネを買ったのに、練習してくださいとは。。。
騙された!お金を返せ! 

とはならずに、おもしろくて笑い転げてしまった。

ちょっとユーモアまで感じてしまったが
なかなかおもしろいネタが出来ました。
[PR]
by yamadesign | 2010-09-27 08:12 | 日常

掘り出しもの

ショップから少しいったところに、リサイクルショップがあります。

こんなオフィス街の真ん中にあるのですが、

ちょっと入ってみました。
テレビに、タンスに、冷蔵庫といろんなものがところ狭しと並んでいます。
さすがに安いのですが、どう使うのか??と思うようなものまで
いろいろあります。
結構こういうようなところを見て回るのは楽しいです。

そんな中にひとつのイスを見つけた。

見た感じで結構な年代モノであろう、シンプルな木製フレームに
ビニールレザー張りのシートというかんじですが
そのラインが美しい。背のメーカーのシールをみても
全く聞いたことのないメーカーでした。
青色のマークですが、見たこと無かったです。
職業柄結構な家具は見てきていますが
はじめてです、今はないメーカーだとおもいますが
おそらく70年代前半でしょうか。
シートはタッカーではなく、釘で1本づつ打たれていますので、
手仕事です。
それにしても、なかなかすばらしいラインのまとめ方だなあと
感心しました。
日本にも無名ながらいいモノはたくさんあると思います。
とても新鮮でした。

こういうのがあるので、骨董市なんかもおもしろく
つい行ってしまうのですね。
[PR]
by yamadesign | 2010-09-10 23:59 | 日常

ゲゲゲの女房はすごい

僕の最近は朝ドラを見ることから一日がスタートします。

ここ数年、朝ドラはあまりみていなかったのですが、
現在の「ゲゲゲの女房」は
とても共感できるので、欠かさず見ています。

水木しげるという人はみなが知っており、
ぼくたちも子供のころからアニメや漫画をよく見ていました。

漫画を描き、みなに夢を与えたんだと思います。
その半生を奥さんの目線から見たドラマですが、
ドラマでもでてきますが
本当にいろんな壁を乗り越え努力したのだとおもいます。
そこまで努力できたのはやはり漫画を描くのが何より大好きだったからだと思う。
片腕というハンディを背負いながらもがんばる姿はすごいというしかない。
好きでなかったら、おそらく続かったと思います。
だから、今日ドラマの中でやっと漫画が認められておもわず拍手です。

よく、がんばったのに駄目だったというようなことを聞くが
おそらくそれは、がんばりが足りなかったのだろう。
報われた人は、そこよりさらにがんばったのだろう。

ということで自分はどうかと言われると、
まだまだまだ努力が足りないです!
こういう話を見ると、ほんとにまだまだだと痛感します。
ただ、家具のデザインを考え産み出すことは何より大好きなので
努力できる要素は持っています。

今いろいろデザイン中のものがあります。
岡山での展示にむけて椅子も考えています。
テーマはウィンザーチェア又はペザントチェアですが
どちらも座面から脚や背が直接出ているという定義ですが、
何とかいいものにしたいです。


それにしても浦木は一度説教しないといけませんね!
(ドラマの話です。。。)
[PR]
by yamadesign | 2010-07-17 09:01 | 日常

おいしい食事

先日家具を納品させていただいた京都のイルギオットーネさんの
新店へお食事に伺った。

さすがに平日ですが満員で活気ある店内となっていました。
このお店はいままでのイルギオットーネさんよりは
すこし気軽にお食事いただけるということです。

納品した家具はどうなっているか心配でしたが、
問題なく馴染んでいるようでした、
オーナーさんにも喜んでいただけているようでよかったです。

そして、お食事ですがもちろんおいしくいただきました。
おいしくてついつい食べ過ぎてしまいました、
満腹、満足です。また来たいものです。


今回は飲む気満々でしたので、電車で行きましたが
(といってもそんなに飲まないのですが・・・・)

京都は祇園祭の空気が流れていました、
阪急電車に乗ったのは久しぶりでしたが、車内もきれいに改装されているようでした、
シートの外枠などにも成形合板を使用したりと凝った部分も見受けられます。
ただドアの付近には立ったままもたれられるように、クッションが壁面に施されて
いますが、少し高さ幅がないようにおもいました。
身長によってもたれ心地にかなり差があるように感じます。
某電車のクッションはもっと幅があり、サポートの範囲が広いですが、
メンテナンス等の問題か。。

そんなことも考えながら、、、

いいひとときを過ごせました。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-15 09:03 | 日常

パーティー

昨夜は Kukkia さんのパーティーにお誘いいただいた。
2周年記念と来年の新作発表に向けてのパーティーだった、
有名なブランドの商品のプロデュースをされたりと勢力的に活動されています。
昨年はじめてお会いして、同じくモノを産み出すというお仕事だったので
何かご縁があったようです。


パーティーはいろいろなデザイナーやクリーエーターの方とお話しさせていただき
楽しいひとときを過ごさせていただいたとともに
新しいプロジェクトに取り組ませていただけることに感謝!
(取り組ませていただけるようなデザイン提案ができればですが)

それにしても2周年でここまでされるとはすごいです。
ぼくは独立して2年目などははっきりいって仕事がまともになかったです。
正確には3年目もです。。。
まあ、大器晩成といいましょうか。。。ね

なので、ほんとにすごいと感じます。
そんなKukkiaさんは女性の素敵なオーナーさんがされて
いるのですがそのプロデュースの力には感心します。。

ぼくは、デザインやモノを産み出すことはできるが
それをプロデュースしていくのはあまりうまくない。。
特に営業というものは・・・・。
実はうちのTOBBYは僕の営業担当です。(まじめにその為に作りました。)


そんな、僕にないものを持っている方との出会いに感謝!
そして、デザインするチャンスを与えてくださったことにさらに感謝!と

感謝につつまれるパーティーでした。
さて、皆さん負けないようにがんばりますかあ。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-08 23:32 | 日常

自転車 快調!

自転車が変わりました。。

といっても以前に友人から譲り受けてずっと倉庫に眠っていたものです。
友人が自転車乗りなので結構いいマウンテンバイクなのですが、
サドルがなかったのでそのままにしていたのですが、サドルが入手できたので
ついに乗り換えることにしました。

そして、通勤がすこぶる快調です。
結構、道のりはアップダウンがあるのですが、らくちんに行けます。

しかし、ちょっと不安になったのは、
これだけらくちんだと、おそらく脚への負担が軽減するということだ。
はっきりいって今まで乗っていた自転車は重い!
坂道発進などはかなりきつかったりします。

それが、かなり楽になったので身体がなまってしまいそうだ。。
これは、たまには少し遠回りでもしていかなければならないかも。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-08 08:56 | 日常

蝌の攻撃

昨夜は少しかたずけねばならない仕事があったので少し遅くまでデスクに向かっていました。


いつものことであるが、途中で眠くなってきた。
効率も悪いので少しうたたねした。

が、その間に蝌にさされた、
4カ所です。

そしてその場所が、手に集中していて、全て指の関節あたりで、
かゆい、かゆい。

関節あたりを刺されると、かなりかゆい気がする
かいてもかいてもかゆみがおさまらず・・・。

当然仕事は集中力に欠け、少しオーバータイムとなってしまいました。
蝌も生きていく為に血が必要なら、それも仕方ないので少しくらいは
提供しますよ。ほんとに。。
でも、かゆい液を僕の身体に注入するのは辞めていただきたい。


そんな蝌であるが、飛んでいるのを捕まえた。
結構血を吸ってお腹が大きくなっておりかなり動きがのろくなっていたので
楽に捕まえれた。
よくみると、小さな身体ではあるが、非常にしっかりとできている。

そして、口は針のようになっていて、これが僕たちの皮膚にスーッと刺さります。
普通のマチ針などが刺さっても痛いので、スーッと皮膚に入るということは、
皮膚の組織の穴サイズよりも蝌の針は細いということだ。

以前にグッドデザイン賞を受賞した注射器で患者さんが痛くなく使用できるくらい
細い注射針というものがでていますが、まさにそれらの原点です。

虫は結構デザイン的にも機能的にもすぐれていますね。
よくできている。。

昼間にも事務所にガが飛んで来た。
捕まえて窓から逃がしたが、いちどカップに入れて観察してみた。

ガであるがどちらかというと世間での評判は蝶のようには良くない。
ですが、よく見ると大きな眼に
シュッとした口に触覚は言葉で表現するとエレガントな造形で
主軸のラインから細い線がハープのようにたくさん出ている。
なかなか男前だ。虫はおもしろい。


でも、かゆい液はの注射はやめてほしい!
[PR]
by yamadesign | 2010-07-03 08:48 | 日常

デザインソース

仕事場までの途中に大阪城公園を自転車で抜けていくのですが、
街の中の小さな緑であるが、結構な植物、木々、
小川もあったりと虫もたくさんいます。

通勤中ちょっと止まって、何となく観察をするのですが
たくさんの発見があります。
今日もラッキーなことにとてもきれいな草を見つけました、
流線型で流れるようなラインで
その形状が悩ましく、魅力ありです。
3センチ程度のものですが見つけた瞬間に
これはデザインソースとしていいと思って簡単にスケッチしておきました。

何に使うかはまだわかりませんが
いろんなモノに応用できそうで
いいデザインのモチーフになりそうです。

それでふと思ったのですが、学生達に教えていて
デザインする際に資料などを集めるのにネット収集で情報を集める子が
圧倒的に多いです。
それもいいのですが、何か皆同じというか枠を越えられていないような気がとてもします。

ある著名な評論家が言っていたのですが、
パソコンをどう使うかといった内容のものでしたが
例えば、急がねばならないものやあまり重要でないことに関しては
ネットで広く浅く調べて、重要なことはわざわざ辞書をしらべたり
文献をあさるなどして、その使い分けをしていけばいい。

というようなことを延べられていましたが、
それは難しいと思いながら聞いていたのですが、
あくまでその評論家の方はいい年齢なので
辞書や本など調べた実体験がある世代なのでその良さをわかっているので
そのようなことを言えるのでしょうが

今の学生は最初からパソコンがあり、そこからのスタートです。
だから当然、ひとつの単語をしらべるのも単語を打てばその意味がでます。
それを辞書で調べても時間はかかるが答えは同じです。
その違いを伝えるのは難しいことで、わざわざ辞書で調べるなんて
もしかしたら時間がもったいないくらいに考えることも少なくないと思います。

僕はぎりぎり、アナログな学生時代でしたが
それが今では良かったと思っています。

ある草をネットで調べても、説明と写真がでますが、
それを実際に野原で探すと、きれいなものもあれば、虫に喰われたものもあり、
枯れたものもあり、落ちてしまったものもあるし
季節によっても見え方が違うといった具合に様々な例外があります。

情報が交錯する世の中で
パソコンなどのスキルをもちろん どんどん上げていってほしいですが
それらを使いこなす為にも
自分の目や手で入手する情報も重要だというようなことを
伝えられればと思います。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-27 09:33 | 日常

やってしまった2

先日の怪我も少し痛みはひいてきましたが、
今日、木を削る機械で木が跳ね返って来て小指にガツンときました。
幸い関節の少し上のところで、軽い打撲ですみました。

またも「おーこわっ!」

というところです。
この機械ではねたのはこの10年以上の中ではじめてのことです。
なかなか恐いものですね。


それにしても、今年はラッキーなことが多いような気がします。
年初めにおみくじをして「大々吉」というのを引いてからですが、
まず「大吉」の上に「大々吉」というものがあることにも驚きました。

それのせいで守られている気がします。
先日の怪我も小さく済んだのはそのおかげだとおもいます。
実は昨年の年初めは凶が出たので、
昨年だったら指を落とすくらいだったかもしれません。
そして今日の跳ね返りも、昨年だったら、
関節に当って小指は骨折くらいしていたと思います。
それが「大々吉」のおかげで小さく済みました。
ラッキーでした。


とにかくさらに気をつけて運気ももっとアップしていきたいと思います。

さ、今年も折り返しです。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-15 01:28 | 日常

やってしまった!

作業をしていると、怪我がつきものです。
といってもしないほうがいいに決まっていますが。

まわりでも怪我をしたという話はよく聞きます。
指を落としたり、中には腕や、骨折など

「おーこわっ!」という感じです。

ですがぼくは、あまり怪我をしたことがありません。
擦り傷などはよくありますが、病院へ行くようなことはいままで全くありませんでした。

おそらく、恐がりだからかもしれません。
そのほうが慎重にいったりするので、

そんな中、ちょいと怪我をしてしまいました。。
幸い大きな怪我ではなく小さなもので、
特に病院へいくようなものではなくよかったです。
ですが指の先なのでちょっと痛みはあります。。

怪我をするには理由があります。
うっかりであったり、機械の不具合によるものであったり、
いろんな不注意であったりと様々ですが、

今回、小さな部材に溝を掘るという作業で全部で
約400回ほど同じ作業の繰り返しをしていたのですが、
いつものように気をつけながらしていました。
300回目くらいを無事に終え、
よし、あと少しと思っていたところでした。

小さい部材だったので、機械に通す時に飛ばされないように
結構、力をいれていたようでさすがに少しつかれて
手の握力が落ちていたようです。

それで、気はつけていたのですが
手の握力が少し弱ったところで、普通にいけるところが
押さえきれずに、材は手をすり抜けて指がノコ刃に触れました。
「あっ」と思ったら
指先が切れていました。
幸いにも少しでよかったですが。

いくら気をつけても、力が落ちていればだめですね。
ちょっと力を過信していたようです。
やはり、途中で一息ついて回復してから続きをしないといけませんね。

デスクワークの時も同じですかね、
うろうろしている時のほうがいいアイデアが浮かびますね。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-12 23:43 | 日常
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧