デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2010年 06月 12日 ( 2 )

やってしまった!

作業をしていると、怪我がつきものです。
といってもしないほうがいいに決まっていますが。

まわりでも怪我をしたという話はよく聞きます。
指を落としたり、中には腕や、骨折など

「おーこわっ!」という感じです。

ですがぼくは、あまり怪我をしたことがありません。
擦り傷などはよくありますが、病院へ行くようなことはいままで全くありませんでした。

おそらく、恐がりだからかもしれません。
そのほうが慎重にいったりするので、

そんな中、ちょいと怪我をしてしまいました。。
幸い大きな怪我ではなく小さなもので、
特に病院へいくようなものではなくよかったです。
ですが指の先なのでちょっと痛みはあります。。

怪我をするには理由があります。
うっかりであったり、機械の不具合によるものであったり、
いろんな不注意であったりと様々ですが、

今回、小さな部材に溝を掘るという作業で全部で
約400回ほど同じ作業の繰り返しをしていたのですが、
いつものように気をつけながらしていました。
300回目くらいを無事に終え、
よし、あと少しと思っていたところでした。

小さい部材だったので、機械に通す時に飛ばされないように
結構、力をいれていたようでさすがに少しつかれて
手の握力が落ちていたようです。

それで、気はつけていたのですが
手の握力が少し弱ったところで、普通にいけるところが
押さえきれずに、材は手をすり抜けて指がノコ刃に触れました。
「あっ」と思ったら
指先が切れていました。
幸いにも少しでよかったですが。

いくら気をつけても、力が落ちていればだめですね。
ちょっと力を過信していたようです。
やはり、途中で一息ついて回復してから続きをしないといけませんね。

デスクワークの時も同じですかね、
うろうろしている時のほうがいいアイデアが浮かびますね。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-12 23:43 | 日常

イルギオットーネさん

京都の予約の取れない有名レストラン「イルギオットーネ」さん

そのイルギオットーネさんが新店舗をオープンされることとなり
人のつながりのご縁で、その新店舗のテーブルなどを納めさせていただくこととなり
昨日納品させていただいた。

椅子は以前よりお使いのものを使われるということで、
革張りの味わいのある椅子であった。
とてもこだわりのある椅子だそうだ、革もオリジナルで作ったものだそうです。

その椅子がスムーズに入るようにサイズなどを検討しながら進めていきます。
コンパクトなテーブルでシンプルなタイプですが、
脚をどういった構造でつけるか、太さはどうか、膜板はいるのか?
天板から何ミリ落とすか?
などなど、かなりデザイン的に悩みながらの作業でした。

今回設計を担当されていた藤井香織デザイン室さんですが
デザインについては任せてくれていたので、
その点はすすめやすかったです。。

シンプルなものは以外と難しい、というところです。
納品前日は、時間があっと言う間にすぎて、気がつくと明るくなっていました。


しかしながら完成!
この瞬間は何ともいえぬ爽快感、そして納品。
納品も無事に終了。

そして今日レストランはプレオープンです。

今度ゆっくりとお食事に行きたいです。。。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-12 08:42
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧