デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2009年 07月 26日 ( 1 )

天神祭りと能

今年も夏の幕開けといった感じで天神祭りが行われた、

うたたねの裏の東横堀川にも天神祭へと行き来する船がにぎやかに通り過ぎていく
おはやし船や人形船など今年も来たかという感じになる。

それにあわせてこの東横堀川沿いでもイベントが行われている。
それを仕事の合間に観覧しにいってきた。

ジャズに漫談など、そして最後は能が行なわれた。
真っ赤な衣装に能面をつけ「ヨーーッ!」っというかけ声とともにお囃子もはじまり
舞いが始まる。

はっきり言って能のことがわかるのか、と言われると
正直わからない。
正しい見方もわからない、
伝統芸能のことも詳しくはない。

でもその舞っている姿は、なんとも見ていて心地よく
昔は鎌倉時代や江戸時代にも人だかりの中演じられたのかと思うと
なんともふしぎな 気がします。そして能面の表情はやはり日本独特の意匠であるのだろう
などなど思いながら観覧していた。

やはりこのような伝統を受け継ぐ方も必要なのだとは思います。
それに対して現代の喜劇やミュージカルなどのような
ものもたくさんあり発展しているのであろう。

家具でいうと、同じように指物など伝統工芸的に受け継いでいるものもあり、
僕たちのような現代家具もある。
もちろん僕たちも昔の仕口や工法も使うが現代の生活にあった
形や構造、そして現代に開発された合理的な金具なども使用する。

そして、さらに進化した
樹脂や新素材による最先端のものもある。

どれがいいのかということではないが、家具にしても伝統工芸や技術は確実に
減っている。やはり時代とずれて合わなくなるのは仕方ないことですが
技術がどんどん海外に流れているのは何とももったいない気がします。

そんなことも考えながら能を見てしまいました。
終わると拍手喝采でした。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-26 07:47
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧