デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング 展

毎年東京ビッグサイトにて行なわれる国際家具見本市ですが

今年も11/24〜26まで行なわれます。

その中のアメリカ広葉樹輸出協会のブースに椅子を出展いたします。

ブースの主旨としては、アメリカ広葉樹の良さを伝えることと
実際にその材を使用してできた家具を作者の紹介とともに展示するという企画です。

ということで何組かの作り手の方と展示に参加させていただきます。

さて材についてですが家具などを設計する際にやはり素材も重要なポイントとなりますが、
形や使用場所などデザインによって材種を選んでいきます。

現在私たちが使用する材は、国産のものから輸入材、また広葉樹もあれば
針葉樹もあります。適材適所で使い分けています。

そんな中でユーザーの声としてよくきかれるのは
「やはり国産材が良くて輸入材は2番目」
ですが、書くとものすごーく長くなるので書ききれませんが、

材によって国産のほうがいいものもあれば
外国産のほうがいいものもあります。
樹種によっても切ったほうがいいものと、
もうしばらくはあまり使わない方がいいものも
などなど、様々です。

そんな中でもアメリカ広葉樹は計画伐採されており
安定した材料供給が可能です。
材種によってはすごく有効な材だと思います。

そのような現状をクライアントや一般のお客様にも
説明するとご理解いただけます。

そんなことで、お誘いを受けて
今回出展させていただきます。
今回使用した材はホワイトアッシュとウォールナットです。

IFFTにお越しの方がいらっしゃれば、
よろしければご覧ください。
[PR]
by yamadesign | 2010-11-12 09:14 | イベント
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧