デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

デザインソース

仕事場までの途中に大阪城公園を自転車で抜けていくのですが、
街の中の小さな緑であるが、結構な植物、木々、
小川もあったりと虫もたくさんいます。

通勤中ちょっと止まって、何となく観察をするのですが
たくさんの発見があります。
今日もラッキーなことにとてもきれいな草を見つけました、
流線型で流れるようなラインで
その形状が悩ましく、魅力ありです。
3センチ程度のものですが見つけた瞬間に
これはデザインソースとしていいと思って簡単にスケッチしておきました。

何に使うかはまだわかりませんが
いろんなモノに応用できそうで
いいデザインのモチーフになりそうです。

それでふと思ったのですが、学生達に教えていて
デザインする際に資料などを集めるのにネット収集で情報を集める子が
圧倒的に多いです。
それもいいのですが、何か皆同じというか枠を越えられていないような気がとてもします。

ある著名な評論家が言っていたのですが、
パソコンをどう使うかといった内容のものでしたが
例えば、急がねばならないものやあまり重要でないことに関しては
ネットで広く浅く調べて、重要なことはわざわざ辞書をしらべたり
文献をあさるなどして、その使い分けをしていけばいい。

というようなことを延べられていましたが、
それは難しいと思いながら聞いていたのですが、
あくまでその評論家の方はいい年齢なので
辞書や本など調べた実体験がある世代なのでその良さをわかっているので
そのようなことを言えるのでしょうが

今の学生は最初からパソコンがあり、そこからのスタートです。
だから当然、ひとつの単語をしらべるのも単語を打てばその意味がでます。
それを辞書で調べても時間はかかるが答えは同じです。
その違いを伝えるのは難しいことで、わざわざ辞書で調べるなんて
もしかしたら時間がもったいないくらいに考えることも少なくないと思います。

僕はぎりぎり、アナログな学生時代でしたが
それが今では良かったと思っています。

ある草をネットで調べても、説明と写真がでますが、
それを実際に野原で探すと、きれいなものもあれば、虫に喰われたものもあり、
枯れたものもあり、落ちてしまったものもあるし
季節によっても見え方が違うといった具合に様々な例外があります。

情報が交錯する世の中で
パソコンなどのスキルをもちろん どんどん上げていってほしいですが
それらを使いこなす為にも
自分の目や手で入手する情報も重要だというようなことを
伝えられればと思います。
[PR]
by yamadesign | 2010-06-27 09:33 | 日常
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧