デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おつかれさまでした。

朝早起きをして仕事の前に奈良までひとっ走り!

目的はとあるカフェのモーニングです。
とあるといっても、オープンの際に椅子やテーブルを納めさせていただいたお店です。

そのカフェが今月閉店となり
最後のお茶を、そしてオーナーさんにご挨拶をと思い
久しぶりにやってきました。
椅子もテーブルもまだまだきれいで、いい味わいになっています。
オーナーさんはまだ小さな二人のお子さんをもつママさんでもあります。
しかしながら毎日カフェを運営されています。
本当に大変だっただろうなあと思います。
しばらく充電してお子さんとの時間を大切にするということでのクローズです。

しかしまた2年後くらいにオープンしたいということです。
それまで家具はお家でお使いいただくとのことで、うれしい限りです。

相変わらずゆったり流れる時間があって、窓からは薬師寺が眺められて、
おいしいコーヒーとパンにデザートと満喫させていただきました。

また家具達も次の機会に活躍してくれるとおもいます。

こういった生活の変わり目にできるだけ続けて
使い続けていただけるように普段もメンテナンスやリメイクなども行っていますので、
こうやって使い続けていただけると言うのを聞くのは大変うれしい。

ではまたお茶をいただける時までゆっくり充電してください。
[PR]
by yamadesign | 2013-05-31 23:23

イベントが続きます!

神戸「酒心館」での展示が終わりました。

d0107562_1261653.jpg


今回の展示はいつもと少し違った感覚の展示でした
何が違うかというと

たいていは同じような考え取組をしている人たちと一緒に展示することが多いのですが
今回はさまざまな考えでさまざまな取組みをされていらっしゃるみなさんとの展示でした。

本当に大先輩方々も含めいろいろとあらためて考える機会となった展示会でした。

同じ木を素材として扱い家具などを生み出すという行為ではあるが

本当にさまざまです。。


自分を考えるいい機会でした。

それらも生かしつつ、次の創作も続きます。

今週末には名古屋での木工家ウィークがあります。
今回ラシックで行われるスツール展に向けて玄関スツールの製作をしています。
玄関スツールというのは靴を脱ぐ日本独特のアイテムです。

そして日本の玄関はさほど広さもないので
ある程度コンパクトであることも求められます
そして靴紐を結んだりする体勢に一番いい高さはどのくらいか、
などいろいろ試行錯誤しています。
僕なりの答えをだしてみましたので、よろしければ5/31から名古屋ラシックへどうぞ。 
そして6月に入りますと大阪高島屋さんで12日より展示をさせていただきます。
期間中にちょうど父の日があることもあって
お父さんへのギフトになるようなアイテムをただいま試案中です、
そして ワークショップも6月と7月に行います。

暑くなってきましたが追い込みです。

新作も出しますのでよろしければこちらへもどうぞ。。
[PR]
by yamadesign | 2013-05-31 02:00

何が求められているか?

いよいよ暖かくなってきました、
しばらくは仕事もはかどる季節です。

イベントに、、
オーダーに、、、
新作のデザインに、、、、
新たな企画に、、、、、
いろいろなことに取り組みます。

いつも気を使っていることはどんな時も今何を求められているのか?
です。

今もお客様からいろんなオーダーを受けていますが、

同じような家具でも使う人が変われば家具も変わる
使われる場所が変われば家具も変わる
そう思っています。

高さの変わるテーブル、
米櫃の出し入れしやすい収納、
心地よく食事できる椅子、
アクセントのあるデスク、
フックのついたミラー、
家具としての柱、
などなど、、、

なぜそうしたいのか、そしてそれがより心地よく使いやすくなるには
どうデザインをまとめればいいのか、

角の仕上げなどもピシッとしたほうがいいのか、少し丸めるほうがいいのか
できる限り使われるシーンをイメージしてデザインを詰め手を動かします。


そしてその中にうたたねらしさを、
そんなことを日々考えつつモノを生み出します。


イベントの際も同じく何を求められているのか、何をすべきかをつねに考えます。
いろいろとスタッフなどとも話をしながら決めていきます。
今月は5/17から一生つきあえる木の家具と器展が神戸の酒心館で行われます。
この展示には21名の作家が参加します。
私も声をかけていただき参加することとなりました。
この展示は工芸の方からクラフト、楽器製作、私達のようなモダンなものまで
さまざまな方が参加されます。
中には紫綬褒章をお受けになられるような諸先輩方まで。
そんな中でうたたねとして何をすべきか?
普段の近いジャンルでのクリエーター同士で展示会をするよりは
より自分たちを打ち出すいい機会になるかなと思っています。。


そして月末には名古屋での木工家ウィークに数点の椅子を出展します。

来月には大阪高島屋で展示もさせていただきます。
百貨店さんでの展示もやはり企画ごとに品揃えを変えたり
新たな商品をデザインしたりしてよりその場に合う展示にできるようにします。
百貨店さんによってもやはりお客さんの層などが違うので
その時によってよりベストを探ります。


それらがパシッと決まったときは本当にうれしく幸せな気分になります。

そんなこ進んでいきます。
よろしけれ展示にもお立ち寄りください。
[PR]
by yamadesign | 2013-05-05 23:57
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧