デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

座面はやっぱり、、、、

椅子をデザインする機会はよくありますが、

その構造で座面が木製のものと布または革張り
のものがあります。

どちらが好きですか、

椅子にもよりますが僕は個人的には布張りが好きです

木製の削り出した座面というのはウィンザーチェアにみられるように
どっしりしていてかっこよろしく、
作り手として、椅子の座面をカンナでザクザク削っているときは
何とも言えない心地よさがあります。

しかし、長時間座るとなるとやはりやわらかい布地のほうが
お尻にはやさしいです。
当然医学的にも血流の妨げはクッションがあるほうが少なく、

以前メーカーでそういった体圧分布を測定できるコンピューターでの実験をしていたことがありますが、

結果は一目瞭然で、クッション性のあるほうが圧力も分散され体にもやさしい。


しかしながら、木座の椅子というのは今も多くの種類が販売されています。

やはり木の魅力も大きいのでしょう。


自宅の食卓にも現在6脚の椅子があります。

すべて自分でデザインしたものかというとそうではなくて

ウェグナーさんデザインのもの
水之江忠臣さんデザインのもの
佐々木敏光さんデザインのもの
そして私のデザインのものが並んでいますが、布張り、ペーパーコード編、木座
とそれぞれの良さがあります。

最終的には個人的な好みによるところとなりますが。。。
僕自身も削りだしの木座の椅子を作ることもありますが、
やはり布張りが好きです。


その一番の理由として、木製のものはあたたかみがありますねえと皆さんおっしゃいますが、
実は木は暖かくなるまで少々時間のかかる素材です。

なので冬は、お尻が冷えるのです!

以前松本に住んでいるときに松本民芸館へ出かけて、
素晴らしい椅子たちが並んでいるので、順番に座り心地を確かめていましたが
木座が多く、お尻が冷たいのもがまんして座り比べをしておりましたが、、、、、

やはりきました。
僕はお腹が弱めなのです、大変な1日となりました。
あっ、もちろん大人ですので粗相はいたしませんでしたが、


お腹の弱い人は結構いると思いますが、
そんな人はやはり長時間座る椅子は布張りがいいとおもいますよ。。

椅子を特集する記事はよく見かけますが、
座り心地や見えかけ、構造、素材といった考察はされていますが、

僕にとってはお尻の冷え具合というのも、大きな観点です!


「お尻にやさいい椅子」なんて本があってもいいのかもしれませんね。
[PR]
by yamadesign | 2013-03-12 09:17

木とランプ

昨年、ランプメーカーさんと知り合いになった。
ランプと言っても電気照明器具ではなく
炎が美しい火を使うランプです。
WINGED WHEELさんという
本当に歴史あるメーカーさんではありますが
やはり時代の流れか火は火災などの心配があるなど
家の中から追い出されつつあり、
仏壇のランプなども火を使わない電気式のものが多くなり、、、、


そんな中、火も正しい使い方であれば安全だし

そのメーカーさんの器具もよくできていて、
そういったランプを絶やさないようにと
現在、娘さんが後を継いで
がんばっていらっしゃる。
その奮闘振りについてはすごいです。。
かなりかっこいいです。、またゆっくり書きます。。。
ぜひ仕事を一緒にしたいと思うんです。

僕個人的にも電気照明もいいが、時には火の明りでお食事を
なんて、素敵だ。そうすると愛が生まれるらしい!納得です。

そんなメーカーさんとお話をすると、火に対する熱い思いがジンジン伝わってきて
僕たちも一緒に何かできないかと考えています。

単に火のランプのプロダクトを開発するというわけではなく
火の文化みたいなことが、日常生活に取り入れられればと思います。


そんな火を取り入れたアイテムをデザインしています。

夏に向けて少し発表できればと思っています。
[PR]
by yamadesign | 2013-03-05 09:35
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧