デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

美男 美女

あるメーカーさんへ向けて
遊べるオブジェの提案をしています。

シンプルな形状なのですが、ポイントとして
TOBBYのように目玉を入れようと思っています。
ですが、目というのはやはりかなりのポイントで
それによって美男、美女になったりちょっとの違いでそうでなくなったり。。。
d0107562_736451.jpg

こちらはカイボイセンのモンキーです。
いい顔しています。
ちょんとした目玉で、つぶらな瞳です。
d0107562_7363115.jpg

こちらはムナーリの有名なジジです。
独特の愛嬌をもっています。
d0107562_7365591.jpg


そしてTOBBYです。なかなかいい顔してるでしょ。

ということで、あたらしく提案する
プロダクトへの目玉入れを試行錯誤しています。
小さな穴だけがいいのか、埋木でいれたほうがいいのか
白目黒目2重にしたほうがいいのか
そしてその大きさは6ミリか
7ミリか
それとも・・・・・。
という具合いで、かれこれ試作で20はやってみました。。。

ですが、何かブ サ イ ク です。

ほんとに表情というのは難しいです。
ちょっとのことで大違いです。
提案まであと1週間。

もう少し頑張っていい顔にしてみます。。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-31 07:30 | モノ作り・デザイン

「木コログリーン」デビュー!

デザインセンターさん主催で行った木コロの森展

そこの数十の作品が並び、展示アンケートでダントツトップの人気をいただいた
「木コログリーン」ですが
ただ今試行錯誤中。

9月に秋のデザインイベントとして
中之島を舞台に

「DESIGN優品関西」9/3〜9/4
が行われます。
12組のオリジナルデザインをプロデュースしているブランドが出展します。

メタフィスさんやアッシュコンセプトさんやグラフさんなどをはじめ、
老舗のブランドから最近デザイン雑誌を賑わしている商品まで
著名なブランドばかりの中にお声を掛けていただけうれしいかぎりです。

そこで何を出展しようかと考えていたのですが
せっかくの機会なので「木コログリーン」を出してみようと思っています。

ただそれまでに商品として完成できるかどうかですが
今いろいろ動いています。

それで、肝心の木コロを補充しに西井木工さんに伺った。
工場へ行くとお忙しそうに汗を流しながら出迎えてくださった。

とても長いキャリアを持っていらっしゃるがほんとに勢力的にいろいろと
取り組まれていて、木コロなどは機械を開発するなど
そのへんの木工所では考えられないことだ。
そんな素材「木コロ」をうまく料理できるかしら。。と考えながら
紙袋に木コロを詰めた。

で木コロのお支払いのことを聞くと、
展示会に出すのであれば、今後に期待してと安くでいいとのこと!

商売になったら払ってくれということでした。。

「あ、ありがとうございます。。。」

これはぜひ商品としても流通させなくてはと
気が引き締まりました。

ほんとに僕らのような若造にもよくしてくださる。
ええ人である。。感謝!
[PR]
by yamadesign | 2010-07-28 22:16 | イベント

ネジ発見

以前より、参考商品として店頭で見ていただいていた椅子があるのですが
それを商品として正式に出せそうです。

スチールのフレームの椅子なのですが、
成形合板の背もたれをスチールに取り付ける部分の問題と、
背のアールなどが、もうひとつしっくりこないことが
参考商品であった理由なのですが
そのあたりの問題が解決できそうです。

背の成形合板は新たに、成形合板工場の職人さんに別のアールで
積層していただいたものです。
それを背の形状に抜いて仕上げていきます。
あらたにスチールフレームに取り付けてみました、座り心地はかなりレベルアップしました。

あと少し背の端の部分が腕にあたるので
その部分の形状も微調整しました。。
背はうまくいきました。。

そして最後の問題点でネジがありました。
スチールフレームと木部を取り付けるのは、接着ではなくてネジを使用しますが
これが、いいのがないのです。
大きさや太さのバリエーションは多々あるのですが
材質やカラーのバリエーションは以外と少ないです。
表に見えるので、留まればいいという訳にはいかないので。。。
これは、かなり探しましたが見つかっていませんでしたが

昨日ひょんなことで見つけました。。
そのネジやさんは遠方なので
送っていただくように手配しました。
届くのが楽しみです。

間もなく完成します。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-25 10:06 | モノ作り・デザイン

六甲山の鯉

休みに家族で六甲に登ってきた。

軽い登山という感じですが、麓はカンカンに暑いが山頂まで登ると
結構涼しいです!

結構人も少なくゆっくりでき、最後は山頂の芝生でうたたね。。

最高です。近場の山ですが、やはり街中とは違いとても心地いいです。
空気もおいしく。

山頂には新しい展望スポットが建設されていました、
ですが僕には、ケーブルの駅舎などの古いモノのほうが魅力がありましたが。

それから、山頂の池の鯉はえさをあげると、驚くほど飛びついてきます。
テレビなどでも見た光景はここだったのか!
どんだけエサをあげてないのかと思うくらいに
うじゃうじゃ寄ってきます。不思議な光景でした。

ゆっくりした1日を過ごせました。。

夏には10年ぶりくらいに
明治村に行ってみようということになったのですが、
おそらく今見ると、また新しい発見があると思います。
帝国ホテルをはじめ、様々な建築や空間、
家具などあらたな参考になるものが多くありそうです。
楽しみです。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-22 22:49 | お出かけ・旅

デザインとプロデュース

元教え子が事務所に来てくれた、

いろんな学生などがちょこちょこ立ち寄ってくれる、
結構うれしかったりします。

昨日来たのは
専門学校の卒業生だが、
現在も就職活動中だということだ、
今はほんとに厳しい時代でいろいろ難しいとおもうが
多少のアドバイスをして伝えられることは伝えるようにしています。

デザインのことや技術的なことだけでなく
ビジネスのことについても少し話をするようにしています。

いいデザインができても
それをどうユーザーに伝えるのか、どう売るのか、
そこはインテリアデザイン系の学校ではなかなか教えていない。
そこで大きな壁にあたる、

その部分は僕も専門ではなく現在も試行錯誤しながらです。
ただ、早いうちから作品をどうユーザーの手元に届けるかということは
考えていたほうがいいということは確かだ。
仮にインハウスデザイナーになってユーザーと
接する機会がなかったとしても。そういう考えは
あったほうがいいと思っています。

少なからず、デザインしたものを
自分で売るということをしていますので、
生の意見は感じていますので、多少参考になると思います。

なんとかこの世の中、生き抜いてほしいものです。


それにしても、ケーキを焼いてきてくれました。
とてもおいしかったでう。ごちそうさま。。
(来たのは男性ですが。。)
[PR]
by yamadesign | 2010-07-21 08:47 | その他

価格

いよいよ梅雨も明けて、夏本番です。
事務所にもセミの声が聞こえてくるようになりました、

そんな中いろいろな案件を進めていますが、
やはりモノとコストの関係は切り離せません。

どうしても高くなってしまうもの、
以外とコストを下げることができるものなど
形、素材、仕上げ、構造など多くの要素でそれが決まります。

見ただけではわからないことが多々あります。
高さ180cmあるカップボードよりも
高さ400cmの収納箱のほうが金額が高くなるということはよくあります。

奥行き30cmのボックスに対して
奥行き32cmのボックスが急に値段が1.5倍になったり
でも40cmのボックスは32cmのボックスとほとんど値段が変わらなかったり

なぜ、と思われるかもしれませんが、多くの要素を総合したものが
結果としてそこに表れます。

やはり金額は大切なので
できるだけ適正価格にと思っていますが難しいこともよくあります。

先日ある席での話ですが、
よくできている家電などでも、持った時の重さがあまりに軽いと
安物と判断されてしまうことがあり、値段に見合った重さに
重しを入れるというよなこともあると聞きました。

デザインの要素で金額も大変重要なポイントですね。
安すぎず、高すぎず。。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-19 08:44 | モノ作り・デザイン

ゲゲゲの女房はすごい

僕の最近は朝ドラを見ることから一日がスタートします。

ここ数年、朝ドラはあまりみていなかったのですが、
現在の「ゲゲゲの女房」は
とても共感できるので、欠かさず見ています。

水木しげるという人はみなが知っており、
ぼくたちも子供のころからアニメや漫画をよく見ていました。

漫画を描き、みなに夢を与えたんだと思います。
その半生を奥さんの目線から見たドラマですが、
ドラマでもでてきますが
本当にいろんな壁を乗り越え努力したのだとおもいます。
そこまで努力できたのはやはり漫画を描くのが何より大好きだったからだと思う。
片腕というハンディを背負いながらもがんばる姿はすごいというしかない。
好きでなかったら、おそらく続かったと思います。
だから、今日ドラマの中でやっと漫画が認められておもわず拍手です。

よく、がんばったのに駄目だったというようなことを聞くが
おそらくそれは、がんばりが足りなかったのだろう。
報われた人は、そこよりさらにがんばったのだろう。

ということで自分はどうかと言われると、
まだまだまだ努力が足りないです!
こういう話を見ると、ほんとにまだまだだと痛感します。
ただ、家具のデザインを考え産み出すことは何より大好きなので
努力できる要素は持っています。

今いろいろデザイン中のものがあります。
岡山での展示にむけて椅子も考えています。
テーマはウィンザーチェア又はペザントチェアですが
どちらも座面から脚や背が直接出ているという定義ですが、
何とかいいものにしたいです。


それにしても浦木は一度説教しないといけませんね!
(ドラマの話です。。。)
[PR]
by yamadesign | 2010-07-17 09:01 | 日常

おいしい食事

先日家具を納品させていただいた京都のイルギオットーネさんの
新店へお食事に伺った。

さすがに平日ですが満員で活気ある店内となっていました。
このお店はいままでのイルギオットーネさんよりは
すこし気軽にお食事いただけるということです。

納品した家具はどうなっているか心配でしたが、
問題なく馴染んでいるようでした、
オーナーさんにも喜んでいただけているようでよかったです。

そして、お食事ですがもちろんおいしくいただきました。
おいしくてついつい食べ過ぎてしまいました、
満腹、満足です。また来たいものです。


今回は飲む気満々でしたので、電車で行きましたが
(といってもそんなに飲まないのですが・・・・)

京都は祇園祭の空気が流れていました、
阪急電車に乗ったのは久しぶりでしたが、車内もきれいに改装されているようでした、
シートの外枠などにも成形合板を使用したりと凝った部分も見受けられます。
ただドアの付近には立ったままもたれられるように、クッションが壁面に施されて
いますが、少し高さ幅がないようにおもいました。
身長によってもたれ心地にかなり差があるように感じます。
某電車のクッションはもっと幅があり、サポートの範囲が広いですが、
メンテナンス等の問題か。。

そんなことも考えながら、、、

いいひとときを過ごせました。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-15 09:03 | 日常

ワークショップ

選挙も開票中ですが
いい未来に向けて政治家の皆さんにはがんばっていただきたいものです。。

とはいいながらも僕たちにも何かできないかと考えたりもします。
たいしたこともできないですが、いいモノを産み出すことはできます、
そして少しでも笑顔を作れればとおもっています。
やはり笑う角には福がきます。。


昨日はワークショップをさせていただきました、
最後にはみなさんいい笑顔でお帰りいただきました。
ワークショップは実はとても準備等パワーがいります。
結構体力もいりますが、終わったあとのみなさんの笑顔で
また元気になりました。やってよかったーと。
ありがとうございました、そしておつかれさまでした。

また次回にむけてもさらに企画を考えています。
またさらにいいワークショップにしたいと思いますので、
どうぞよろしくおねがいします。。


そんな次回のワークショップですが9月のワークショップはもうすでに定員となりました。。
は、早い!あっと言う間にsold out!
ウーバレさんが言うにも、うちのワークショップが一番人気があるそうです。
うれしい限りです。
あまりにご好評なのと、定員オーバーでお断りする方に申し訳ないですので
ウーバレさんのご好意で、
10月に予備日を設けることとなりました。
と一昨日に提示したのですが、すでに半分以上もう埋まってしまいました。
ほんとに感謝です。

次回ワークショップの内容で詳細はこれから当日に向けて詰めていくのですが
たのしい内容になるように練っていきます。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-12 02:00 | イベント

機械とボディの関係   <時計のデザイン>

新作の時計のデザインを進めています。

シンプルなタイプですが、モダンな部屋、リビングなどに合うもので
かんりモダンな部屋にも合いながらあたたな感じにしようと考えています。

時計の機械部分はいつもと違うムーブメントを使用します。

以前より考えていたデザインですが
頭の中でレンダリングができてきたので、ボードでモデルに落とし込んでみた。
d0107562_23231249.jpg

が、しかし落とし穴があった。。。

ムーブメントの一部が本体からはみでました。
さあ、どうしようかというところです。

全体に大きさをスケールアップする。
ムーブメントの位置をずらす。
などいくつか解決策は見つかるのですが、
やはりシンプルなものなのでサイズやボリューム感が大切です、
ちょっとのことで一気にかっこ悪くなってしまうので。
ここからはミリ単位でかんがえていきます。

秋の展示に出す新作のひとつですが、それまでに試行錯誤でまとめます。
[PR]
by yamadesign | 2010-07-09 23:24 | モノ作り・デザイン
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧