デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ワークショップ終了 ありがとうございました。

本日無事にワークショップ終了いたしました。

今回も皆さん力作を作られて、

満足して(たぶんそうだと思いますが?)帰られました。

リピーターの方も結構参加していただけたりと

おかげさまで楽しいワークショップとなりました。

次回は7月にスプーン作りのワークショップです。(申し訳ないですがすでに定員です。。。)

その次はまだ日程が決まっていませんが9月くらいです。
(もうしばらくで決まりますので、またお知らせします。)
内容は考え中なのですが、スツールにしようかなと思っています。。
ですが、時間的に可能かどうかでいろいろ思案しています。


そんなこんなで僕たちも楽しみにしているワークショップです。
今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-29 22:57 | イベント

明日は 料理ベラ作り の ワークショップ です!

あっと言う間に明日はワークショップです。

早々に申し込んでくださった方々には、やっと来たか!という感じかもしれません。。

今回は料理ヘラです。

ちょっといつものバターナイフなどより大きめサイズですが、

削り甲斐が、アリマスカモ!!


ということで、ワークショップに使うナイフをただいま研いでおります。
結構本数もあるので、もう手は研ぎによって真っ黒です。。。

ほんとは昨日削るはずでしたが、できずで今やっています。
その為明日は手がおそらく黒っぽいです。
(消えるのに数日かかりますので。)

さあ、今晩どれだけきれいにできるか。
できる限り洗浄する予定ですが・・・・。

明日は手が黒くて申し訳ありませんが、
決して不潔ではございませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

開催場所はウーバレゴーデンさんですが

ショップも通常営業しておりますので。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-28 19:58 | イベント

大切なモノ の 収納

「収納」
今新たに収納家具を考えています。
まだまだスケッチの段階ですが、

普通の収納ではなく、、、
何を入れるかというと

僕の場合スキーや釣りをするのですが
スキーや釣りはされる方も多いと思いますが

その道具は非常に収納に困ります。
釣り等はかなりのマニアの方で、ものすごく竿を持ってらっしゃって
釣り用のお部屋!なんて趣味の部屋をお持ちの方もおられますが。

僕はそこまでではなく、たまに行くという感じでほんの数本持っている
といったところです。

よく見かけるのは玄関などにスキー板を立てかけていたりという・・・・。
夏の間は基本的に使わないですしね。
かといって、わざわざスキー板専用の収納家具を用意するといった感じでもなく
でも大切な、大切な(強調!)道具ですのでベランダに置くなんてことはできないんですよ!
(誰かの代わりに主張)

そういった、ものをわざわざでなくどこかにうまいこと収納できればと

非常に一石二鳥な都合のいい家具を考えています。

まだまだ考え始めの段階ですので
いろいろ壁はありますが、まずこれはぼくが欲しいということで、
おなじように思っている方もいるのではないでしょうか。。

そして、収納家具は様々あれどそういう機能にすぐれたものに
素敵な家具がまだまだ少ないといった現状もあります。

デザイン詰めます。。。
欲しいですか?
[PR]
by yamadesign | 2010-05-28 09:04

便利な金物

家具に付き物の金物。

蝶番、マグネット、レール、把手などなど

家具の進歩に金物の進歩も欠かせなかったりします。

ある家具を見せてもらった。
(大正時代のものだそうだ)

メンテナンスして直すほうがいいのか
それとももう買い替えたほうがいいのかアドバイスして下さいというものだ。

いわゆるタンスというものですが、
引き出し部分がかなり重い。
箱のバランスが崩れたり、部分的には割れていたりで。

それにしても引き出しのサイズが大きい!
このサイズなのにレールが付いていない。。と思うが、大正時代なので当然である。

今では、様々なレール金物があり特にキッチンなどではお鍋などの重いものも
楽々にすーっとレールで引き出せる。

ただ、金物なので精度はばっちりなんですが、逆に遊びが少ない。
多少はあるのですが、木が本気で動いたときには偉い事になったりします。

以前に、木が反って金物がグニャリと引っ張られたこともあった。
木ってすごいパワーがあります。ここまで鉄が曲がるか!と驚く事も。。

昨日も少し家具で使用上は問題ないが少しレールのズレのようなものが
あるとご相談を受けました。

やはり自然素材はメンテナンスは要ります。
特に無垢材や、オイル仕上げの場合は。

金物は便利ですが、難しい部分もありますね。

そういえば先日忍者の里へ行った際に
葉っぱで開け閉めができる窓を見せていただいた。

はっきりいって すごいです。
よくできていました。もしかしたら今のカギよりもいいのかも。。
あの構造は何かのデザインに使えそうです。。

忍者さん!特許は出願しているのですか??
[PR]
by yamadesign | 2010-05-22 15:47

カーブチェア・d

先日の展示に出品した、椅子「カーブチェア・d」を見てくださった
ライターさんより「見ました。」とのことで、

早速、とある本で取材していただけることになった。
ありがとうございます!

この椅子は今回はこだわったところも多いので
商品としてどんどん売れていくというモノではないですが
地道に僕のデザインの方向性や考え方を打ち出してくれるアイテム
となってくれればと思います。

カーブチェアという名前ですがこれで4作目です。
すこしづつ進化しているのですが、でもやっぱりこれとは別に愛称としての
ネーミングもしてあげようと思います。

何がいいか、うーん!

不思議なことにネーミングがすっきりといい感じについた商品は
ほんとにどれも売れてくれます。

・・・・・絞り出してみます。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-20 21:08 | モノ作り・デザイン

図面外の情報

モノを産み出すところから
ユーザーの手に渡るまでにさまざまなコミュニケーションが
あります。

アイデアを出す、
それをスタッフなどと共有する、
言葉やスケッチなどでそれをデザインする。

そして製作する、
その際には自分で試作を作る、
スタッフに任せる、
他の工場さんや職人さんの力を借りる

どの行為にも「伝える」という作業があります。

製作に関しては昔から 図面というものがあり。

それに事細かに、サイズや仕様を記入します。
しかしながらどんなに細かく記入しても、
その情報以外にたくさんの言い表せないニュアンスのようなものが存在します。

これが厄介です。どうしたら伝わるのか?
それは付き合いの長い者にでもつたえるのは難しい。

よく「図面と全然ちがうじゃないか!」といった話を聞きます。
サイズや仕様が違うのはミスです。
でもそれ以外のニュアンスが伝わっていないとそういうことは起こってしまいます。

図面通りのサイズなのに・・・・・。

シャキっと仕上げてほしい!
ふわふわにしてほしい!

難しい!むずかしい!永遠のテーマかもしれません。。。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-20 20:57 | モノ作り・デザイン

展示終了!

名古屋から無事に戻りました。
椅子展も昨年より、いい展示になっていたように思いました。
会場もとてもいい場所で多くの人に見ていただけているようでした。

名古屋の知り合いなどからも 作品について、なかなかいい評価をもらったので
まあひとまずはほっとした感じです。

おどろいたことに会場で長野でお世話になった先生にもお会いしました!
もうかれこれ10年以上ぶりになります。
とてもお元気そうで、やりとりはたまにしているのですが
お会いできるとは思いませんでしたので。。

いろんな人(おそらく作家さん達)からあいさつされていました。
さすが、業界の重鎮でしょうか。。
そんな先生に教えていただいたことがあるというのはラッキーな話です。


そして、木コロ展のほうも無事に終わり
今週から大阪デザインセンターに場所を変えて
引き続き展示が行なわれます。


引き続きよろしくおねがいします。。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-17 22:31 | イベント

Woodworkers Chairs Collection

試行錯誤した椅子が完成したので名古屋へ送り出しました。
そして今日からWoodworkers Chairs Collection が始まりました。
d0107562_2155540.jpg

完成した椅子は、材はチェリーで少し高級感を持たせ、
座には黒に近いグレーを張っています。

いろいろ検討、調整、変更を繰り返しながらできた椅子です。
まだ検討の余地はありますし、まだ気になる点もあります。
これは通過点なので今後もこの椅子を昇華させていきます。
柳宗理さんは椅子はできるまでに3年かかると言っていましたが、
その通りだと思います。そう簡単には100点は出ないです!
じわじわ100点に近づけていければとおもいますので。。。
生きてるうちには出したいですがね!


今回、スタッフも出展しています。
それも同じように試行錯誤しながら完成しました、
いろいろとアドバイス(ダメ出しかな・・・)しながら

最後は、太さは30ミリか、28ミリかなど数ミリ単位で
ダメ出しします、いや、アドバイスしました。
最終的にはシンプルながら
まとまりのある椅子になったと思います。

以上の2脚が今回の作品です。

Woodworkers Chairs Collection の会場で
50番の「カーブチェア・d」
51番の「小椅子」
をよろしければご覧ください。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-14 21:23 | イベント

お客様

いよいよ中盤になった木コロの展示会

人気の木コログリーンの手入れに会場へ出かけました。

会場へ木のおもちゃなどを手がけられているgg*の
素敵なオーナーさんが来てくださり
いろいろお話をさせていただきました。
とても精力的に活動されていらっしゃり、海外などでも動いてられます。

それから、西井木工の社長さんも来られました。
今回の木コロの発案者です。
この木コロを使って
今後、商品としてなんとか一緒に何かやっていきたいと考えています。

それから、久しぶりに大学時代の友人も来てくれました、
といいますか仕事でATCに来てたまたま展示を見てくれ、
偶然にも僕がいたということで、、、
さらに数年ぶりだったので偶然にお互い驚きました
ジュエリーのデザイナーでありインテリアの仕事もこなしています。

なかなか話はつきませんでしたが、皆さんといろいろ話せて
参考になり夢は膨らみました。
それぞれがそれぞれの仕事の進め方を持っており、活躍されている方の話は
興味深いものです。

まずは、木コロはいい展開をしていきたいです。
まだいろいろ壁はあるのですが、
ぜひ商品としてお出しできるようにしたいと思っています。
[PR]
by yamadesign | 2010-05-14 08:39

椅子デザインの進め方  僕の場合(7)

いよいよ組み上げです。
何とか形になりました。
d0107562_17562920.jpg


一晩置いたあとは、小刀で面や細かな部分を削ります。
そしてサンドペーパーにて形を整えて行きます。
少し削っては眺めて、おかしいところはないか確認、
気になるところは調整していきます。

形を整えながら、サンドパーパーの番手を細かくしていきます。

だんだんきれいになる。
番手を上げる。
磨く。

また少しきれいになる
また磨く。

その繰り返しでいいラインを微調整して行きます。
最初の図面と同じで完成に至ることはほぼないです。

やはり、手と目と感覚でしか
いいラインは見つからないので(僕の場合ですが)

120番で荒仕上げ、
180番で整える、
240番でさらに整える、
時にはまた180番に戻って、
また240番に
そして320番に
そして調整、オイルを塗ってからまた1000番をかける。
ほんとに手でデザインしていきます。

終わった後には、ペーパーさんの抜け殻がいっぱいです。
今日もありがとうございました。
d0107562_1813957.jpg

[PR]
by yamadesign | 2010-05-12 18:02 | モノ作り・デザイン
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧