デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

木コロ展

ある木工所で木コロという商材が販売されている。

木の破片をまるーくしたような、
ちょうど小石のみたいな感じです。
素材はひのきなどです。

特殊な機械で製作されたもので、
それだけでもいい味わいを出しているのですが

それをもっと流通させて行く為に、
それをつかって何かモノとして新たな生命を吹き込む、
そんなデザイン展が5/1から大阪デザインセンター主催で行われます。

そこでデザインセンターから10人ほどにご指名があり、

僕もご依頼をいただいた。
グラフィックデザイナーから空間デザイナーなどいろんな方々と
展示をご一緒することとなりました。
そして今日はその打ち合わせが行われた。

現在の進行具合など調整を含め展示に向けて
デザインを進める。


さて、あまり時間もないですが
いい提案をしたいと思います。
現在、コートハンガー、ランプなどを考えています!

またご案内しますので、よろしければ展示会へどうぞ。。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-27 01:25

師匠

ある家具工房の人と話をさせていただいた。

その人は名古屋で家具の仕事をしておられ、
うちのことは知っていてくれていたそうだ。

そして、その人からひょんな名前が飛び出した、
「タカハシさん」
かなりなつかしく、
思わず
「おー、すごくお世話になった方です!」
と声が裏返る感じで返事した。


もとカリモクの上司で会社時代には大変お世話になった方です。。

椅子張りの職人さんで、
僕がデザイナーだったので
図面をもっていろいろ相談しに行っていました。
僕よりずっとお年も上のベテラン職人で、カリモクに引き抜かれたような腕のある人だ

今は会社も定年でご自分で工房を開かれてやっておられる、
という噂は遠くから耳にしていました。

今思うと、そんな人が新入社員の僕になんであんなにいろいろと親切に
接してくれたのか不思議です。

時には仕事中に、
「おい、お茶行くぞ!やま。」

「はい、行きましょう。」

一緒に会社をさぼり(すいません!)
気分転換ですね!


当時50歳を越える偉いさんが、
わざわざ僕のような20そこそこの新人を誘っていろいろな事を教えてくれました。
家にもよく誘ってくれてご飯などもごちそうになったし、
僕にとっては師匠と呼べる人でした。

何か普段は、仕事もしてないような感じでしたが
気がつくと、すごいソファーが出来上がっていたり、

若い時の職人の話などを聞いたり、
張りの世界では大御所の宮本茂紀さんとの仕事の話なんかを普通にされていたりと
駆け出しの僕にはとても刺激的な存在でした。

そして、数年が過ぎ
僕は会社を辞め羽ばたくことを決意した。
当時の上司に、まだ早い、もう一度やめるのを考えないかと
何度も説得された。
やりたくてもクビになる人もたくさんいる中で
必要とされるのは非常にありがたいことなんだけど
でも、外で力を試したかったし、でも上司はそう言ってくれるし
非常に悩んだ。。
あるとき、その上司が説得の最終手段として
師匠に頼んで僕にやめないように説得してもらおうとした、

それでレストランで僕と上司と師匠の3人での食事会が始まった。
今でもその内容は覚えています。。

上司「今日はタカハシさんを呼んで、山極にいろいろと話をしてもらおうと思う。」

僕「あっ、はい」

師匠「やはりこの仕事というのは厳しいぞ」

上司「そうだぞ、厳しいから辞めるのも、もっと考えた
後でもいいはずだぞ、ねえタカハシさん」

僕「そうですね、そこまでおっしゃってくれるのなら・・・」

実はその時、上司がこれほど考えてくれてるなら
もう少し会社でがんばろうかとも
思いはじめていました。
ですが、、

師匠「山極っ!そんなにやってみたいのか!」

僕「はいっ。。でも・・・・」

上司「よくタカハシさんの話を聞けよ。」

師匠「山極、おまえがやりたいというのなら、俺は賛成だ、辞めろ。」

上司「えっー!説得してくれるはずでは.....」

師匠「こいつがそういっているなら、そうさせてあげましょう。」


という具合いで、僕も驚いたのですが師匠の後押しで
会社も円満退社できました。

それからも、名古屋に行ったときには立ち寄らせてもらったりでしたが、

しばらくすると大きなメーカーから抜擢されて
仕事で遠方へ行かれて、
その後は会えなくなりました。


もう何年もお会いしていませんでしたが、
今回話をさせていただいた方から近況をいろいろ聞きました。

話によると、僕が載っている雑誌などを人に見せて
「これ、俺の友達だぞ」
と言ってらっしゃるそうだ。

非常にうれしい話だ!
僕のような若造だったやつのことを覚えていてくれているとは。
今は息子さんも一緒に仕事をしているらしい。

今度ぜひ会いに行きます。
恩返しをいつかせねばとおもいつつ。

そういえば、15年前くらいに作っていただいた革のペンケースは
今でも愛用しています。
やっぱり、丈夫ですよ!
[PR]
by yamadesign | 2010-03-25 21:45

シンプル イズ ベスト ! だけど難しい!

ある本の取材で課題をいただいた。

取材日までにその課題を考えなければいけないのですが

なかなか難しい。
ですが、楽しく考えています。

テーマとしては一般の方にも作れて
それでデザイン的にもかっこいい!というモノです。

少ない労力でいいモノができるということは、モノ作りにおいて
コストも下がるし、時間短縮にもなるしと、皆が考えてきたところです。

ですが、通常のモノ作りで労力をかけないと
できてくるモノもそれなりのモノになることが多いです。

手を抜くのではなくて、行程を見直したり
よりシンプルにしていいものにしていくということは

アアルトのスツールのように
結果としてはすごくシンプルなものができるのですが
それを産み出すまでにはかなりの試行錯誤があります。

せっかくの機会なので
簡単な構造でありながら
「いいモノ」を提案したいと思います。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-24 09:17

ジブリ美術館

先日の東京での展示の際お世話になっているショップさんなども訪ねながら

最後にせっかくなので家族と合流し
帰阪がてらジブリ美術館へ寄った。

ちょっと肌寒い感じでしたが、人でにぎわっていました。
中はいろんな仕掛けがしてあり楽しく見学できるようになっていました。

もっとキャラクターなどがいて子供向けかと思っていたのですが
以外とキャラクターなどは少なく、
映画ができるまでや、漫画のアイデアだしから
初期スケッチなどもたくさんあり、

どんな思いで作品が作られるのか、
またフィルムについてや技術的にどのようにして
たくさんのスケッチがアニメになるのか

はたまた、作品作りにおけるさまざまな人間模様(葛藤なども・・・)
今はCGだが昔は手で・・・・みたいなことがわかる展示で

この世界を目指そうとするような学生たちもたくさん来ているようでした。

なかなか参考になることもたくさんあり、
モノは違ってもモノを産み出す魂みたいなことが感じられました。

ただ、室内レストランのキャパがかぎられており、
オープンテラスで多くの方が食事されていました。

オープンテラスの家具がスチール製でみなさん寒い中
とても冷たーい椅子に座っておられたので、
雨風に強い素材でもう少し別素材の検討もあったのでは、
とつい家具について気になってしまいました。

ちなみに床は全面ナラ材のフローリングでした。

そして東京を後にしました。。。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-22 10:49

しあわせな家具展 終了

無事に東京での展示が終了したしました。

お越し下さいました皆様ありがとうございました。
予想を上回る来場者にさすがに皆の力のおかげ、
またさすが東京とかんじながら。。

オーダーをいただいたり
その他いろいろな方との交流、
次に繋がるお話しなどいただくことができ
非常に実りあるものとなりました。


また、皆で何かできたらということで
名残惜しく会場を後にしました。


まずは、お礼までに
ありがとうございました。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-18 08:26

高速のトイレ

この1ケ月間に展示会や仕事で4回東京へ行きました。

東京大阪を行き来する人は今では珍しくないと思いますが、
僕の中ではその内の3回を車で行ったということが我ながらすごい!
と思っています。
さすがに長旅なので、途中疲れたり、眠くなったりするのですが、

それにしても最近はサービスエリアがとてもきれいになった、
場所によっては、ここはどこかのテーマパークかと思うようなところもあったりする。

東京へは東名高速を利用しますが、最後の休憩をするのが海老名サービスエリアです。
ここは大きくて、食事も充実しているので最後の休憩にはちょうどいいです。

そして、おおきなサービスエリアはトイレもきれいになっているところが多いです。

時々トイレがあまり美しくないサービスエリアがありますが、
やっぱり疲れが倍増してしまいます。

海老名のトイレは新しいこともありますが、きれいで清潔感があります。

こんな所はさぞかしトイレブースの中もきれいだろうと
もよおしていないけど中に入ってみました。
便座ももちろん温かく、中もきれいです。
間接照明も入っていてトイレする人を演出する?のだろうか。
(ブース内の間接照明までははなくてもいい気がしますが。。)

何にしても、今日もまた東京へ向かいますので
三重で伊勢うどんを食べて、浜松でうなぎを食べて、パワーアップして
安全運転で行ってきます。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-14 09:14

しあわせな家具展 ラストスパート

しあわせな家具展もいよいよ大詰め、
一旦大阪にもどってきましたが、明日また東京に向かいます。

ほんとにいろいろな出会いもできたしまだ残りにどんな出会いがあるか楽しみです。。


それにしても今回は展示の皆さんとはじめてだったのですが
展示を通して仲良く慣れたのが何よりです。

ちょっとそんな皆さんの事を書いてみます。

スタンダードトレード 渡邊さん
こんなにフットワークの軽い人だとは思わなかった。
でもさすがに売れっ子であるということも話していてうなずける感じがしました。。
ちょっとハスキー気味のボイスでお客さんもやられちゃうのかも。。

kwc 近藤さん
今回の最年長です。貫禄もあり、兄貴といった感じです。とっても声がシブイです。
刑事コジャックの吹き替えができそうなくらいです。
リクライニングに装置を組み込んだりと一番新しいことにチャレンジしている方かもしれません。

la forgerone    岡本さん
話してみるととっても気さくな方で、いい感じでした。
おそらく無意識だと思いますが、作業をしながら「よいしょっと!」というのが
何ともかわいらしい感じです。(すいません)


イヌイットファニチュア    犬塚さん
とても大きな感じで、包み込まれる感じというのはこんな人のことを言うんだと思います。
家具もやっぱり男らしい感じです。でもちいさなスツールの作品を見たとき
こんなのもできるんやと巾の広さも感じました。

hao & mei   傍島 さん
実は今回、僕の中で一番ヒットな方です。
とても頭の切れる方で、話もうまいし作品にも何か一般のレベルを
通り超えたというか、わびさびというか何ともいえない空気を醸し出していました。
hao & meiというネーミングも何かとても頭に残ってしまいます。

松本家具研究所   松本さん
とてもユニークな方で実はこの方も大阪出身だったということが判明、
家具も独特のラインを持っておられて、松本さんのだとすぐにわかるくらいです。
同じ出身地ということでこれから仲良くしてくれるだろうか?

深見木藝    深見さん
名古屋でやっていらっしゃり、伝統の世界を歩いている人です。
でもいがいとモダンでもあり、僕なんかがが見ていてもとてもセンスを感じます
そしていいかんじのキャラもしておられます。

antos    小林 さん、水田さん
独特の作品で関西では少ない方向性の方々で、かっこいいもの作りをされています。
今回ぼくのブースと一番遠いところにだされていますので、それほどまだ話せていないですが、
なかなか楽しそうな気がします。ちょっと古すぎますが、LLブラザーズに見えて仕方ありません。

SHIMOO DESIGN  下尾 さんご夫妻
ご夫婦でされているということと一般家具と少しちがった方向でされています。
お会いするまで、実はあまり仲良くなれないかもしれないなあと思っていました。
(勝手に写真を見て。。。)
でもお会いするととても面白い方で、おふたりとも名コンビでとっても気さくで
笑える話をたくさんしました。

IKURU SUTO   須藤さん
今回一番お世話になった方です。
工房界の貴公子といったポジションを行くのではないでしょうか。。
実は今回の展示はぼくは、いろんなイベントや諸事情なども重なり
お断りしようと思っていたのです。
ですが、須藤さんの説明説得!に負けました。
最後の一言「うたたねさんの時計の現物を見たい!」と言われ
やられました。
ですが、いやあ出してほんとによかったです。。
ありがとうございます!!

そんな感じで明日また東京に行きます。
お近くの方どうぞ!
[PR]
by yamadesign | 2010-03-13 20:54

卒業式

専門学校の生徒達が卒業式を迎えました。

生徒達からあたたかなメッセージをもらった、いろんな事や思いが綴られており
ちょっと感動である。

これからが本番ですが、がんばって巣立ってほしいです。。


そして、
勉強会に来てくれている、技術専門校のみんなもそろそろ卒業を迎える
それに際して、彼らがささやかなグループ展をしているというので見に行った。

小さな小物などの作品を展示していた、
おそらくこれからの原点となる作品だとおもいますが、
なかなかがんばって作品作りをしているようでした。

一緒に仕事でもする子が出て来るといいなと思います。

まずは、何とか続けていってほしいとおもいます。。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-10 08:48

しあわせな家具展     折り返し

ついに開催した「あわせな家具展」ですが、
現在東京、大阪を行き来しています。
(やっぱり遠い、というのが実感ですが。。。)


会場では、いろいろな人が来て下さり、知り合いもたくさん来てくれました、
家具を購入いただいたお客様もわざわざ来て下さったりと、嬉しい限りです。

いいお話もいくつかいただくこともでき、前半を終えたところでなかなか手応えありです。

後半もまたいい出会いがあればと思います。

そして何より、出展者の皆さんと交流を深めることが出来たのがよかったです。

伝統的な方向性の方からモダンなものまで
いろんな考えと進め方がありますが、皆おなじ事を考えたりしているんだなあと
結構共通点も見つけられました。

これからも何か接点を持ちたいものです。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-09 01:34

しあわせなラジオ

何度か紹介している  うたたねラジオ

これは、とてもアナログなラジオです。
現代のオーディオ製品のような限りなくクリアなデジタル音ではなくノイズもあり。
チャンネルの選択もデジタルのようにばっちりではなく ダイヤルで微妙に調整。
置く場所もどこでもokではなく、電波のよく入るところを探さないといけません。

ですが、音がなったときにちょっぴりしあわせな気分になれます。
そんなメッセージをこめたラジオです。

もう10年くらい前にデザインし作り続けてきた商品ですが
現在は基本的に生産をストップしています。
部品メーカーさんが部品生産を辞めたからです。
現在も新しい部品を探しているのですが見つかっていません。

ですが、相変わらずお問い合わせはいただきます。
それでも欲しいと言う方もいらっしゃいます。

その場合、ラジオ部品をハンダ付けして作るところからやります。
機械から作るのです。
ただ、当然に手間ひまがむちゃくちゃかかってしまいますので
お値段も結構高くなります。。。

それでもいいという場合には製作しています。
そんなで、今日もラジオ製作の部品入手に出かけました。

これに関しては部品選びなどちょっと難しいので
僕自身がいつも仕入れに行くことが多いです。

無事部品も入手できました。
またひとつラジオが生まれます。


追記
その帰り、僕の前を折り畳み自転車でのろのろ走るおじさんがいて、
結構ゆらりゆらりという感じでした、
危ないので追い越さずに後ろを走っていました。
しばらく走ったところで信号が赤になったので
その自転車の前に行こうとおもって
横に並ぶと、あらまあ「 ぼんちのおさむちゃん」でした。。
そうか、普段はパワーを充電してゆっくり行動なのですね。。。
[PR]
by yamadesign | 2010-03-01 04:22
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧