デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

平行作業

普段、いくつかの案件を平行して進めていますが
今日は締め切りの仕事が重なった。

あるラックの製作、
ある収納家具の詳細設計など
そして打ち合わせ。

重なるときは重なるものです、
しかし火事場のクソ力というのか、なんとかこなせた。
しかしこういう時は非常に時間の効率がよく、
逆に普段よりもスムーズに進んでいるような気もする。

もしかすると中途半端に忙しいときよりも
ものすごく忙しいときのほうがいいのかもしれない。。

特にラックの製作は、時間を逆算していくとこれが何時までにと
失敗は許されない。。

そしてこれが何時までに。。とかんがえながら進めるので
非常にスムーズでした。


それともうひとつ、
昨年教えた学生が希望の会社の試験に受かった!との知らせをくれた。

非常にうれしい。結構倍率の高いところだったので
結構、気になっていたので。

そんな学生がわざわざ知らせに来てくれたことがさらにうれしい。
といっても、これから先が本番なのでがんばってほしいものです。
ま、がんばると思うが。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-30 23:00

いたずら   〜小鳥の ポスト〜

以前の記事でも少し書いたのですが、

ウーバレゴーデンさんに納めた玄関ポスト。
ポストの上には小鳥のオブジェが付いていたのですが
それが、盗まれてしまいました。。

モノとして魅力があったということは、うれしくもありますが
やはり残念です。



そして、あれからしばらく経ちましたが、
実はこっそり、ポストにつけるオブジェを作っておきました。
いつつけるかということで、やはりこっそりつけて驚かせようと思って、

いいタイミングがあったので、決行することにした。
夜つけて来ました。
ちょっと真っ暗な中見つからないようにポストをいじっていると、
そこを通りすがりのおじさんが、こっちを怪しそうな感じで見ていました。
一瞬、通報されるのでは。なんか思いながら
なんとか気付かれずにセッティングしてきました。

今回の小鳥はパイン材の身体に、頭にウォールナット材のとさかをつけた
ニワトリバージョンです。。


そして次の日レストランスタッフの方から連絡がありました。

ニワトリが来ました!ということでスタッフみなさんで喜んだらしいです。

いえいえ、どういたしまして、いつもお世話になっていますから。。
こういういたずらは、非常に心地いいですね。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-28 23:35

天神祭りと能

今年も夏の幕開けといった感じで天神祭りが行われた、

うたたねの裏の東横堀川にも天神祭へと行き来する船がにぎやかに通り過ぎていく
おはやし船や人形船など今年も来たかという感じになる。

それにあわせてこの東横堀川沿いでもイベントが行われている。
それを仕事の合間に観覧しにいってきた。

ジャズに漫談など、そして最後は能が行なわれた。
真っ赤な衣装に能面をつけ「ヨーーッ!」っというかけ声とともにお囃子もはじまり
舞いが始まる。

はっきり言って能のことがわかるのか、と言われると
正直わからない。
正しい見方もわからない、
伝統芸能のことも詳しくはない。

でもその舞っている姿は、なんとも見ていて心地よく
昔は鎌倉時代や江戸時代にも人だかりの中演じられたのかと思うと
なんともふしぎな 気がします。そして能面の表情はやはり日本独特の意匠であるのだろう
などなど思いながら観覧していた。

やはりこのような伝統を受け継ぐ方も必要なのだとは思います。
それに対して現代の喜劇やミュージカルなどのような
ものもたくさんあり発展しているのであろう。

家具でいうと、同じように指物など伝統工芸的に受け継いでいるものもあり、
僕たちのような現代家具もある。
もちろん僕たちも昔の仕口や工法も使うが現代の生活にあった
形や構造、そして現代に開発された合理的な金具なども使用する。

そして、さらに進化した
樹脂や新素材による最先端のものもある。

どれがいいのかということではないが、家具にしても伝統工芸や技術は確実に
減っている。やはり時代とずれて合わなくなるのは仕方ないことですが
技術がどんどん海外に流れているのは何とももったいない気がします。

そんなことも考えながら能を見てしまいました。
終わると拍手喝采でした。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-26 07:47

新しい加工

一般的に言われるハコモノ家具とは様々なものを収納する箱状の家具であるが

今回少し変形なものをデザインした。
ちょっとアクセントになるような、機能はしっかり押さえたものでというリクエストから
考えたものです。

基本的にハコモノは突き板を使用することも多い。
北欧の家具なんかは突き板仕様でとても素敵なものがたくさんある。
素材使いがとてもうまいなあと感じます。

今回は突き板を使用したハコモノであるが
突き板は表面に薄い材を施した板で、その木口には単板を貼って仕上げます。
木口に貼るテープ状のものがたくさん販売されており、
それらを使うととても簡単に木口貼りはできるのであるが、

やはりそこは、仕上がりなどのこだわりから無垢材を削って作った板を木口に
貼ります。

ですが、そこからが問題です。。
形状が結構アール形状で急なアールがいくつか連続します。

こんな形状の木口に単板を貼る加工は初めてなので
うまくいくか心配ですが、なんとかなるのではと試行錯誤で望んだ、

まず板状にした木口貼り材を丸めて、水に浸してしっかりと繊維を柔らかくする。
アイロンもカーブに沿わす際の為に用意して、木口には、のりを塗る
ゆっくりと押さえながら締め具で留めていく。

「うーん、隙間が・・・・」

「こっちを締めると、こっちが・・・」

「おーい、もうひとつクランプっ!」

「急げ!」

接着剤は意外と早く乾くので時間が勝負だ。

「どうしよう、まだ押さえが甘いな」

「間に何か挟もう!」

「こっちはベルトで締めよう。」

「なんとか寄ったぞ」

「よしっ!」

とかなんとか無事に留めることができました。

留め終わったものを見ると、ほんとにクランプやベルトでガチガチに締められた
感じです。

やはり初めての作業は緊張しますね。
しかし経験値も年々上がってはいるのだと思います、少々のことは
クリアできるようにもなってきました。

さあ、かっこいいハコモノが完成するのが楽しみです。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-24 01:04

皆既日食

阪急さんでの展示も無事に終了した、
お越しいただいた皆様ありがとうございました。
普段のお客さんの層とはまたちがい、
そんな方々にも知ってもらえるいい機会になったのではないかと思います。


そして今日は商品の搬出をした、その道中、梅田くらいで道の両脇には人だかりができている、
そして皆空を見上げている。

そういえば、皆既日食だったことを思い出した。
思わず見上げてみるが、雲が多くてぼんやりとしか太陽が見えない。

まわりを見ると同じように車からかなりの人が空を見上げていた。

残念ながら、肉眼ではあまりよくわからなかった。。

ですが、後から人に聞くとサングラス的なものやフィルムなどで見ると
太陽が欠けているのがしっかり見えたということだ。

用意しておけばよかった。
まあ、また次回は用意しとこう。
いつだろう。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-23 02:08

遠方からのお客さま

最近はいろいろなところから来て下さるお客様が増えた。

ほんとに、たくさんあるショップの中からよくうちに来てくれたものだと思います。
かと思えば そんなご近所だったのですね!というくらいのかたまで
幅広いところからいろいろな方が来てくださる。

特に遠方のお客さんは、そうそう来れるものではないと思いますので。
いつもそうだが、お客さんが帰るときには、特に遠方から来られた方の場合
なぜか、知り合いを見送るようにさみしい気持ちになります。

なんだろうかと思いますが。
遠方からこられた際には一言いただければうれしいです。

特に何もプレゼントはできないですが
[PR]
by yamadesign | 2009-07-23 01:49

学内コンペ

学校で学内コンペがあり、それにむけて各生徒たちとディスカッションを行った。

思ったより生徒達も案をいろいろ持ってきていたので、それぞれについてコメント、アドバイスをしていった。

時間を気にしながら進めていくのだが、生徒が真剣ならこっちも自然と真剣になっていき、
時間はどんどん超過していく。

時間はとっくにすぎてしまい、最後の生徒は9時半くらいになってしまった。。。
申し訳ない、こんな夜遅くまで待たせてしまって。。
でもそれぞれに真剣にアドバイスしていくと当然時間がかかるので


それにしても、こういう時はホントに時間が足りないと思います。
気がつくと12時間も学校にいた。

我ながらまだ体力あるなあと感じた一日でした。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-22 22:43

残念な事

残念!
といってもたいしたことではない。

いつものように仕事の合間にはお菓子を食べます。
今日は大好きなキャラメルコーンです。

キャラメルコーンは僕がはじめて食べたのははっきり覚えていないですが、
かなり幼少の頃だったと思う。

友達なんかと、二つの半円になったお菓子をくっつけて丸にして
「リングだあ」と遊んだりしながら食べたことなどもあったなあ。

まさにロングセラーな商品だ。

そんなっキャラメルコーンですが
今日はいつものとはちがう。

「抹茶黒みつ味」だ、期間限定商品となっているが
なんとなくおいしそうだ。

パッケージデザインはさほど、そそるデザインではないが
グリーンがどうも抹茶を想像させるカラーではないような感じだ。
もう少し濃いグリーンのほうがよかったような。。。

そんなパッケージの
「抹茶黒みつ味」と書かれた横に

「宇治抹茶使用」と書かれている。

これにやられた。

たべると、何ともいえない感じだ、
まあこんな味もたまにはいいなあ、と思いながら食べ進めていくと。

「あれっ」

「あれっ!!」

「ないっ!」

そう。キャラメルコーンの最後に
お口直しというか、味を引き立たせるあのピーナッツが

入ってなかった。

なんと言う事か、楽しみにして最後まで食べていたのに
ないというのは。。。
抹茶にはピーナッツは合わないというのか。。。

東ハトさん、おそらく残念と思った人はもっといるんじゃないだろうか、
僕だけか。。。

やっぱり、赤い袋のキャラメルコーンがいいね。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-18 20:26

この街のクリエーター博覧会4

今朝、メビックさんとの打ち合わせを行った。

また秋に この街のクリエーター博覧会4が行われ、今年はメビックだけでなくて

各所でイベントやミーティングを行うということだ。
それで、期間中にうちのスペース、 ウタタネラボでもそれらが行えないかと
いうお話しだった。

もちろん OKということでお返事させていただき、
内容をどうするかをちょっと考えさせていただくことにした。

10月と11月の2ヶ月間に渡って繰り広げられるイベントで
そのうちのどの日になるかはまだ未定ですが

楽しみです。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-17 19:52

恩師の話

長野県にいた頃にお世話になった恩師で
大阪に戻ってからは一度も会っていないのですが、ときどき風の噂に話は聞く程度ですが、

もう10年以上会っていませんが
先日ある男の子が訪ねてきてくれた、
聞くと僕の恩師にその子も教えてもらったということだ。

そして僕のことを聞いて、訪ねてきてくれたのだ。

まだ若くてこれからですが、同じく家具の世界を目指しているようだ。
なかなか話を聞くと考え方はこなれているような感じだった。

その恩師もまだとても元気で、久しぶりに写真をみせてもらった
するとますます元気そうで、なんかそんな年とはおもえないくらいのぴちぴち感もあるくらいだ。

また会って話をしてみたいもんだ。

 先生は相当の酒好きで飲んで、飲んで 、なんか同好会で自分でお酒を作ったりも
 してたりしてるのを思いだしました。 
聞くと、今でもガンガン飲んでいるらしい。

「そろそろ、お酒もひかえてくださいね!」

まあ、そんな話もしながらその彼もこの業界へ飛び込んでくるらしい。
自動車業界からの転身で、結構本気だ。
がんばって一緒に仕事ができるようになれればいいなあとおもいます。

その前に僕も抜かれないようにしないと。。
[PR]
by yamadesign | 2009-07-16 16:48
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧