デザイン と モノ作り


山極 博史 の デザインな毎日
by yamadesign
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

登山

仕事では、いろいろ動き回っております。
そして気がつくと結構休みを取ってなかったりするのですが、
というのも好きな事を仕事にできているのでいまさらながら非常に
ありがたいことだと思います。
だからあんまり休みがなかったりするのもさほど苦と感じたことは
なかったりするのですが。。

そんななか友人(家具関係)から電話があり
「久しぶりに、山行かへん?」ということで登山に行く計画をたてた。
この時期は山は結構山頂は寒くて、
「はあ、はあ」いいながら登りきったところで入れて飲むあたたかなコーヒは
まさに、某コーヒーメーカーのCMのようにおいしいです。
CMなんかは、チョモランマだったりしますが。
でも実際は、そんな標高ではお湯がかなり低い温度で沸騰してしまい
あまり温かくないんです。
立山に上った時に、ぬるぬるのカップラーメンを食べた思い出があります。

しかし今回はそこまではいきませんが。
ちょうど温かくコーヒーを飲める高さまでです。
標高は約1200メートルです。
それに、たまには生えてる木々を見るのもいいですし、
葉っぱやドングリなど木の実、昆虫など
自然の中にはデザインソースがいっぱい詰まっています。
かのコルビジェも植物や自然物は様々なアイデアの宝庫
というようなことも言ってますし。

ということで、
10/13祝日(日帰り)
場所:三重県 御在所
ものすごく興味のあるかたどうぞ。
お待ちしています。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-30 09:06

うれしい誕生日

現在「梅香に住もう(インテリア改装講座)」をすすめており、
その講師をさせていただいていますが、改装も折り返しにといったところです。
そんな中ちょうど今月は僕の誕生日だったのですが、
学生達がうれしいお祝いをしてくれた。部屋に入ると、
「パーンッ!」とクラッカーで迎えてくれた。

そして、おいしいケーキに、メッセージを添えたボードにと
感激しまいました。
思わず涙が出てきましたが
悟られないように、こらえました。
予想していなかったので驚きとうれしさがいっぱいです。
ありがとうございました。

残りの改装頑張りましょう。。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-29 08:58

「ええはがき」デザイン

秋は様々なイベントがあり、ありがたいことにいろいろとお誘いしていただき、
できるだけ参加させていただくようにしています。
やはり、新しい場所というのは新しい出会いや発見などとてもメリットもあり、
またそれらが普段の仕事でも活かせるデザインソースになったりします。
そして何より新しいことをさせてもらうのは楽しい。

昨日も「大阪ええはがき研究会」という会があり、そこで展示する大阪の知られざる
風景をはがきにして紹介しようというものなのであるが、
その集まりがあって、僕もハガキを製作させていただいた。

写真で様々な風景を景色にされて紹介されているのですが、
僕は、イラストで景色を描いて、
さらにそこに色紙でコラージュしていくといったものを
製作させていただいた。
最初どのようなデザインにしていくかいろいろ考えたが
やはり、僕の場合は写真より手作業のほうがオリジナリティを出せるので
そのようにした、
なかなか皆さんにも好評でよかった。
ちょうどテレビの取材も来ていて、いいタイミングだったのかもしれません。

このハガキ達が来月、
大阪北浜証券場というなかなか普段入ることのない
ところで展示会で並べてただくこととなった。
楽しみです。
また、展示会のご案内も行います。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-27 09:23

ワークショップ

来る10/11(土)にワークショップを行います。

今回はスプーンを作ります。
スプーン作りのワークショップは始めてですが、
作業工程で準備しなければいけないものがいろいろあるので、
より楽しいワークショップにする為にいろいろ考えています。

少人数でいつもやっております。
ただいま参加者募集中です。

木のスプーン作り、ワークショップ
[PR]
by yamadesign | 2008-09-25 08:41

情熱 営業マン!

事務所にはいろいろな営業の方が来る。
薬屋さん、チラシ屋さん、IT関係などなど、
焼き肉屋さんがきたときは

「ただいまキャンペーンやってます。」

僕「そうですか」

チラシを見せながら「こんな○○のお肉が食べ放題で、お酒もついてます、
それで通常¥40,000ほどするのですが、このチケットを購入いただくと
今なら特別に¥2,000です。」

僕「安っ。」思わず笑ってしまいそうになったくらいである
20分の1まで安くなるキャンペーンをやっているのである。
安くなりすぎだ、逆に怪しいですね。。
もちろん買いませんが、そんないろんな営業がいろいろやってくる。。

そんな中に、ある時家具に関連する業者の営業マンがやってきた。
「○○でございます。本日はお時間をいただき誠にありがとうございます。」
と頭を垂れるのであるが、それが片膝をつかんばかりに長々と、深々と
まるでホストかと思うくらいに。。
そして、だじゃれを連発しながら営業トークを繰り返すのです。
d0107562_915553.jpg

「山極社長のお噂は、私もいろいろなところでお聞きしております。
その腕前はすばらしく、大阪ではここしかないのではないかと・・・・」
と奥歯が抜けてしまいそうな言葉を連発されます。

一言でいうと、とてもうさんくさい感じです。
とても、何か買う気にはなれませんでした。

それから、しばらくしてまた来ました。
またか、と思いながら聞いてました。

時々来るのですが、ある時は忙しかったこともあり
スタッフに任せて、外出(逃げる)したこともありました。
(すいませんっ!)

そんな営業マンですが
かれこれ、もう1年以上も何度も足を運んでいて、
こちらも何も買っていないのですが
熱心に、毎回だじゃれなどを連発しており、だんだんとそのまじめさが
伝わってきてなんかわからないですが、もしかしたらあの人は
前の日にノートに、だじゃれもこれでいこう、とメモしたりしてるのでは
と思うくらいになってきて。不思議なことにそのだじゃれも少し楽しく
感じるようになってきました。

なんか、少し負けた!というかんじです。
つい先日また新商品の営業に来られたのですが、
ちょっと使ってみようとおもっています。
熱心さというか、やっぱり一生懸命というのはいつか伝わる
ものなんだという気がしました。

そのうち、あのだじゃれが爆笑する日がやってくるのかもしれません。。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-22 09:09

もったいない、焼き鳥屋さん

お店のデザインは様々ですが、
最近近所に焼き鳥屋ができた。ですがあまり人が入っていない。
一見するとちょっと美容室のような感じで、蛍光灯でバシッと輝いている。
中も丸見えだ。
どうしてこんなデザインにしたのだろうか?
おそらく目立とうとしたのだろうか、裏目に出ている。
なんか落ち着かなさそうだし。何よりもごはんがおいしく見えないと思います。

今日、ちょうど信号で止まった際に店の案内を読んでいると
結構、きっちりとした食材を使って、こだわって作っている感じがした、
なんだかおいしそうな感じ
である。。。。。が、この店構えでは伝わらないと思う。
もったいない。
それと、いつも店の前に男の人が出てきて
「よろしくお願いしまーす」と呼び込みをしているが
とても人のよさそうな感じである。

うーん。
せっかく料理はこだわって、人もよさそうなのに、
そして結構お金をかけていそうなのに
もったいない。

おそらくしばらくすると、つぶれるのではないか、そう心配してしまうのである。
やはり、デザイン重要ですね。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-22 07:41

遠藤照明「家具デザインコンペティション」通過!

やった!!
と思わずガッツポーズをしてしまった。
遠藤照明さん主宰の家具デザインコンペに作品を応募していたのですが、
通知があり、審査に残ったとのことです。

最終審査は、東京の会場で公開審査ということになり、
審査員に直接プレゼンテーションできる機会が与えられます。

今回の審査は伊東豊雄、 藤江和子、ヒシヌマヨシキ、佐藤卓、真壁智治、という
豪華顔ぶれで
ミーハーであるが単純にお会いして話せるということでまずうれしい!

伊東豊雄さんは世界的に活躍する建築家ですが昔一度講演を聴きにいったことがある。
せんだいメディアテークなどは一度行ってみたいと思っています。

藤江和子さんは学生の時に、くじらという作品を見て
このような家具もあるのかとちょっとしたカルチャーショックを受けたことを
思い出しました。

佐藤卓さんはテレビなどでよく見かけるのですが
単純に会ってみたいなあと思ったりしていたので、
気合いを入れてプレゼンしてみたいと思います。

ということで、ちょうど東京デザイナーズウィークに合わせて審査が行われるので
それまでに、提出した作品をさらに詰めたものを提出しなければならない。

今回のテーマが、チェア・スツール・テーブル・ソファということで
僕は椅子を選んで作品をだしましたが、
残りの時間で、詳細を練り込みたいと思います。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-18 08:04

スツール デザイン

ある展示にお誘いを受けた、
スツール展である。
背もたれのない腰掛け椅子スツールであるがそのシンプルさとは逆にとても奥が深い。

今現在、うたたねでも2種のスツールを主に扱っていますが
せっかくなのでこの機会に新作も展示会に出展させていただこうと思っています。

デザインは常にいろいろ考えていて、僕の場合はこういう機会にそれらを
整理しながらまとめていくという作業をすることが多いです。

細かいディテールはやはり模型など手を動かしながら決定していきます。
あまり時間がないですが、いいスツールを出品したいと思います。
そこで、お客さんからの意見などもいただきながら定番商品に育てたいです。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-15 12:58

橋下知事に意見してきました。。

今日、大阪府の橋下知事と語ろうという対話事業に参加してきました。
開催場所の大阪の公館は結構近いですので、自転車で伺った。

普段は入ることなどない公館ですが、玄関を入ると立派な庭が広がり、
その奥の建物に案内されました。
玄関入ってすぐの階段と廊下の間仕切り(スチールと木でできていた)は
シンプルでしたがとてもすっきりとまとめられ、
なかなか素敵なデザインであると目を引きました。

会場になる部屋に入ると、クラシックな椅子が並べられており席が決まっており
自分の席に案内された、
「どうぞ、こちらになります」
と案内された席は、前列のど真ん中で橋下知事の真っ正面でした。
「おお、これは頑張れということか」とつぶやきながら着席した。
しばらくすると、知事が入って来られて、会が始まった。
今日は若手企業家との対話ということで、選ばれた様々なジャンルで活躍されている
方々が来られており、いろいろな意見交換となりました。

そんな中で僕は2つのお願いをしてきた。

ひとつは、知事が教育に関してとても熱心だと感じていたので、
なんとかデザイン教育がすこしでも小学生などの
カリキュラムにもいれることはできないだろうか、というもので、
そんな難しいものではなくてもデザインに触れるというくらいでも
構わないのでできないものかというものである。

今デザイン学校で講師をさせていただいていても、そこがスタートである子が多く、
それが絶対に悪いわけではないですが、
少しでもデザインというものに触れる機会がいままでにあればなあと
思う事が多いので。。。
大阪にはすばらしい技術がたくさんあるので、大阪のデザインが
強化されればいいモノがたくさんできるのではと思います。

それと、もう一つは知事が掲げている構想の
大阪ミュージアム、魅力ある街、景観などに関してで
街や公共で、いつも気になるのがちょっとしたベンチやオブジェやゴミ箱などなど、
どうしても許せないデザインが街にあふれているように思うので。
それらをもっと広くコンペなどで一般に公募し、
美しい街を作ることはできないであろうかということである。
なかなか個人のデザイナーが公共物のデザインをする機会などないのですが
もっといいものができる可能性は充分にあると思いますので、

その例として、とある公共のトイレで
デザインや設計があまりよくなくとても使い勝手が悪いものの写真を
知事に見てもらった。民間のものであればおそらくクレームが出るようなものです。

そんな話にとても意見に耳を傾けていただき、デザイン性のことに関しても
とても共感していただいた、
今日この意見をするにあたり、
デザインという目に見えないものにどれだけ感心を持っていただけるか心配な部分もあったのですが、最後には「なんとかする!」というお言葉を聞けて
とてもうれしく思いました。

それと、他の参加者のかたとお話ししていてもやはり皆さん仕事では
東京主体になっているとのことで、どの業界も大阪にいる意味が
薄れているとの意見をとても発言してらっしゃいました、
なんとか魅力ある大阪ができればいいなあと思うのですが。今日はそんな可能性が
見えた日でした。

知事、おそらくデザインへの反対意見や壁があるかと思いますが
どうぞよろしくおねがいします。期待したいものです。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-14 01:36

モノ作りスクール  現在の状況。。

先日より進めているプロジェクト、改装をしながらインテリアを学ぶというスクールですが、
現在折り返しくらいの感じです。

壁はもとが土壁だったので、それをどうするか?
ある程度の土壁をはがして、下地材で固める。そして仕上げをする。
簡単そうであるが、どこまではがすか?そしてその汚れなど問題がたくさんあった。
が、皆のがんばりでなんとかできました。

そして床!床はやはり古い建物なので、振動などが下の階へ伝わりやすい、マンションなどではやはりクッションフロアがおおいですが、それもそれらを考慮してのこと。
ですが、できれば無垢材のフローリングにしたい。。
ということで、クッション材などを使用してできるだけ振動などを
吸収してくれる構造にすることにした。
その下地がある程度でき、今週はフローリングを張る事になります。

古い建物なので、解体をすると様々なアクシデントやハプニングが起こります。
思った以上にボロボロで使えない・・・・・。
巨大な鳥の巣が出てきた・・・・・。
などなど、



詳細はまた、報告します。
[PR]
by yamadesign | 2008-09-10 09:45
カテゴリ
以前の記事
リンク
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧